nano・universeクリエイティブディレクター姉川輝天の愛用カメラ、ライカ等

nano・universe(ナノ・ユニバース)クリエイティブディレクター姉川輝天の愛用カメラを撮影作品とともに紹介。
2台のライカ、RICOH GR、CANON EOS 5D、CASIO EX-10、それぞれの使い分けとは?

i bought編集部

姉川輝天(あねかわてるたか)

nano・universeクリエイティブディレクター姉川輝天

「バイイングをしていた時、記録として商品を撮影していました。ある時、カメラマンにどうせ撮影するなら、良い機材を使った方がいいと言われたんです。そこで、レンズだけでもいいものをと思い、当時は安かったライカのRレンズを購入して撮影し始めたのが写真にハマるきっかけでした。そのうち、やはり原点であるフィルムでも撮りたくなり、現像のことも少し勉強しました。カメラは日本が誇る文化のひとつ。だからお店でもカメラをセレクトして販売しています」。

nano・universeクリエイティブディレクター姉川輝天の愛用カメラ

01CANON EOS 5D 

子どもの運動会で活躍する1台。連写の性能もよく、動画も撮れる。 

 

02RICOH GR 

初回限定で買える赤のレンズリングが付いたGR。

「仕事で使うことが多いです」。

03LEICA M 

アダプターを使ってRレンズを装着。

「今まで持っていたレンズの活用幅が広がったのがうれしいです」

 

04LEICA R8 

「フィルムでしっかり撮ると決めた時にはこれを使います」

 

05CASIO EX-10

ブラケット撮影も可能で多彩な表現ができるエンタテインメントカメラ。“宙玉”など個性的なアートショットも充実

 

ライカのウェッツラー本社へ向かうタクシーの車窓から Photo by.姉川輝天

50mmのRレンズを装着したライカR8で撮影。ライカのウェッツラー本社へ向かうタクシーの車窓から

 

モンサンミッシェルの内部を散策している時に撮影した1枚  Photo by.姉川輝天

モンサンミッシェルの内部を散策している時に撮影した1枚。モノクロが明暗を際立たせている。EOS 7Dに50mmのRレンズを装着して撮影

姉川輝天(nano・universe クリエイティブディレクター)

1972年生まれ、大阪府出身。 2000年にnano・universeに入社。 店長、バイヤー等を経て、現在クリエイティブディレクターとして 新規事業の立ち上げに携わる

 

※2014年06月発行『i bought VOL.06』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 姉川 輝天 -

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

GoPro_Remo操作イメージ

GoProのHERO5向けの新アイテムRemoが登場

i bought編集部
OLYMPUS PEN-F

カメラ専門店による「2016年に気になった新製品カメラ」20選...

i bought編集部
Instagram(インスタグラム)#私と私の物語

インスタグラム最高執行責任者、来日イベント「#私と私の物語」が開催...

i bought編集部
クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 森田 晃嘉 -

スタイリスト森田晃嘉の愛用カメラ4選

i bought編集部
Polaroid Snap Touch

次世代インスタントデジタルカメラ PolaroidSnapTouchとは?...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます