BEAMSクリエイティブディレクターの愛用本棚とおすすめ書籍6選

BEAMSクリエイティブディレクター青野賢一がリアルに愛用する本棚を大公開。種村季弘や海野弘など、おすすめの書籍6選もご紹介。

i bought編集部

青野賢一 / BEAMS クリエイティブディレクター

「友だち」が増える速度に本棚が追いつかない

青野賢一の本棚

写真の本棚は蔵書のごく一部で、部屋の各所に本棚や本の山が点在する青野邸。

「本は執筆用の資料としても、純粋な娯楽としても欠かすことのできない大事な友だちみたいなもの。で、気になるとすぐ買っちゃうから、増えるスピードに本棚がついていけないんです」

 

青野賢一の本棚

 

お気に入りの本

1.『怪奇・幻想・綺想文学集:種村季弘翻訳集成』  種村季弘

『怪奇・幻想・綺想文学集: 種村季弘翻訳集成』 種村季弘

 

著者が翻訳した小説や戯曲の中から、未発表ものを中心に収録。

「非常に博覧強記で、文章を書くうえで一番影響を受けた人です」

 

2.『地下都市への旅』  海野弘

『地下都市への旅』 海野 弘

 

映画、音楽、写真といったさまざまな現象から現代文化の本質を探り出す。

「海野さんも本当に博識。彼らしい表層論が展開されています」

 

3.『世界シンボル辞典』ジーン・C.クーパー

『世界シンボル辞典』

 

さまざまな事物が“何の象徴なのか”を解説したディープな書。

「これは完全に資料として使っています。辞典形式になっているので便利」

 

4.『洋食や』  茂出木心護

『洋食や』 茂出木心護

日本橋たいめいけん初代店主の小エッセー集。

「食ブロガーの平野紗季子さんと知り合ってから食の本にも目がいくようになりました」

 

5.『扉の国のチコ』巖谷國士、中江嘉男、上野紀子

 

『扉の国のチコ』

胸騒ぎを覚える不思議な世界観の1冊。「シュルレアリスム的文脈の絵本。アーティストのフレネシさんに教えてもらいました」

6.『IN THE CITY Vol.7』

 

『IN THE CITY Vol.7』

 

ビームスが発行する文芸誌。

「いい意味で雑駁で、堅苦しくない。でもちゃんと文学っぽいという立ち位置。自分も連載を持っています」

 

青野賢一(BEAMS クリエイティブディレクター)

青野賢一(BEAMS クリエイティブディレクター)

BEAMSクリエイティブディレクターとしてファッション・音楽・アート・文学などに関わる。選曲ユニット「真っ青」としても活動

 

 

※2013年03月発行『i bought VOL.01』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

ボクの本棚に新しく仲間入りした 本を紹介します クリエイターの 「My本棚」と 自分史に残る1冊-青野賢一-

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

クリエイターたちのブックライフ 行きつけの本屋とお気に入りの本たち PART01

クリエイター行きつけの本屋5選と愛読書22選

i bought編集部
映画『3月のライオン』描き下ろしイラスト

映画『3月のライオン』前売券の特典、羽海野チカ描き下ろしイラスト解禁...

i bought編集部

おすすめの泣ける小説10選!重松清、横山秀夫『出口のない海』など...

さくらい*
BNBT KYOTO×NOWHAW 19

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」×「NOWHAW」コラボパジャマ第二弾...

i bought編集部
ミュージアム第一巻

霧島早苗は妻夫木聡!『ミュージアム』とは?映画情報と漫画ネタバレ...

yoshida

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます