BAMBOO SHOOTS甲斐一彦のアウトドアギアトレンド予測

マーケット事情を探るべく、アウトドアギア・キャンプ用品の最新情報に詳しいBAMBOO SHOOTS ショップマネージャーの甲斐一彦を直撃した。

i bought編集部

甲斐一彦にアウトドアギアのトレンド予測を伺った

甲斐一彦

甲斐 一彦

防水透湿素材eVentに象徴されるアウトドアギアの転換期

 

「アウトドアウェアやエキップメントにも大きな潮流があって、近年はその変革期なのかもしれません。世界最高水準の防水性を誇るゴアテックスですら絶対的な優位ではないのですから。登山家やミリタリーの支持を背景に圧倒的なシェアを独占してきた高機能素材の分野に新興勢力が現れ、例えばイーベントは防水性に加えて透湿性に特化した戦略でアウトドアウェアに浸透しつつあります。ワイルドシングスのアウタージャケットがまさに好例です。とは言え、ゴアテックスへの信仰も根強く、新たな取り組みとして部位ごとにプロシェルとパックライトを組み合わせたハイブリッド仕様を導入するなど、進化の多様性を見せています。こうした新旧共存の構図がアウトドアギア全般で見られ、その傾向は今後しばらく続くでしょう。保温性を巡る天然素材のダウンと化学繊維のプリマロフトの場合、羽毛の膨張率を指す品質基準が1000フィルパワーを越えたダウンはよりコンパクトなパッキングを実現し、対するプリマロフトは撥水性と速乾性から常に高い保温性を維持。ここでもアウターの部位によって中綿を使い分けるハイブリッドが登場してきました。またエキップメントでは、バリスティックやコーデュラナイロンを採用した重厚な造りからダイニーマやキューベンファイバーなど最先端素材を導入した超軽量仕様へと二分化するバックパック、さらにメレルのウィルダネスに代表される伝統的な製法とスタイルを受け継ぐクラシックモデルから快適さと安全性を兼ね備えたテクニカルモデルまで共生するトレッキングブーツといった具合に、それぞれの分野で凌ぎ合ってる状況です。2014年にはより一層これらの傾向が進み、新しいプロダクトが登場してくるのは間違いありません。僕自身は登山もするし、ファッションとしてのアウトドアも好きなので、それぞれに魅力を感じます。しばらくは新旧の共存共栄が続くことを願います」。

 

透湿性のアドバンテージを評価し、英国BHA社の防水透湿素材eVentを採用したWILD THINGS TACTICAL(ミリタリーライン)発HARD SHELL JACKET

透湿性のアドバンテージを評価し、英国BHA社の防水透湿素材eVentを採用したWILD THINGS TACTICAL(ミリタリーライン)発HARD SHELL JACKET

 

ダウンの弱点である水濡れが想定されるパーツに独自開発のCoreloftを採用した合理的なハイブリッドが現在のトレンドを象徴するARCTERYX初のダウンジャケット CERIUM LT HOODY

ダウンの弱点である水濡れが想定されるパーツに独自開発のCoreloftを採用した合理的なハイブリッドが現在のトレンドを象徴するARC’TERYX初のダウンジャケット CERIUM LT HOODY

 

ヘヴィデューティーな素材感が特徴のMYSTERY RANCHのミルスペック仕様 SPARTANと、ダイニーマのグリッドストップナイロンを採用したGOLITEの超軽量スタンダードJAMに見るバックパックの二極化。

 

ヘヴィデューティーな素材感が特徴のMYSTERY RANCHのミルスペック仕様 SPARTANと、ダイニーマのグリッドストップナイロンを採用したGOLITEの超軽量スタンダードJAMに見るバックパックの二極化。

 

グリップや屈曲性に先進技術を導入した名門LA SPORTIVAの軽量トレッキングブーツDelta GTXに対し、3mm厚の撥水性レザーをまとったクラシック代表MERRELLの WILDERNESS

 

グリップや屈曲性に先進技術を導入した名門LA SPORTIVAの軽量トレッキングブーツDelta GTXに対し、3mm厚の撥水性レザーをまとったクラシック代表MERRELLの WILDERNESS

 

甲斐一彦(BAMBOO SHOOTS ショップマネージャー)

 

ソーズカンパニー入社以来、中目黒BAMBOO SHOOTSにてアウトドアウェアの販売に携わり、国内外のメーカーとの共同企画や別注も手掛ける。雑誌連載のため登山は毎月の定例行事というリアルクライマー

 

※2013年12月発行『i bought VOL.04』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

FORESEE THE2014!! クリエイターに訊く、2014年トレンド予測 -甲斐 一彦-

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

黒部ダム

人気のダム見学に行こう!放流、カード、カレー、ダムの魅力を紹介...

外好きクリエイターの現在進行形 FIELD GEAR for my Sumeer! グッズ編

外好きクリエイターの厳選ギア14選-グッズ編-

i bought編集部
SHOPNAME_BAMBOO SHOOTS

patagoniaやARC’TERYXなどおすすめアウトドギア20選

i bought編集部
OUTDOOR GEARS for LIFE PART.TWO

岡部文彦らのお気に入りアウトドアグッズ12選

i bought編集部
グランピング スクリーンタープ

手作りのグランピングを実現。11畳サイズの大型多機能スクリーンタープ発売。...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます