フォトグラファー奥本昭久が、プライベートタイムで楽しむサバゲー

多忙の日々を送るクリエイターが、プライベートタイムで楽しむ趣味。フォトグラファー奥本昭久の"サバゲー"姿を覗き見ると同時に、そのために欠かすコトのできない相棒にフォーカス。

i bought編集部

SURVIVAL GAME [サバイバルゲーム]

奥本昭久 / 趣味歴15年

奥本昭久愛用のサバゲーグッズ

 

「近所の骨董品屋で売っていた東京マルイの“H&K G3A4”という電動エアガンを買ったのをキッカケに、当時よく遊んでいた周囲の仲間たちも誘って、毎週末千葉のフィールドに行ってましたね。ちょうどデビュー前で時間もあったし、現在のサバゲーブームの初期で盛り上がっていました」。

ずっと趣味はカメラのみだったという奥本氏、大人になって余裕ができたこともあって一気にハマったそう。

「最初は撃って遊んだり、外装を変えるだけだったのが、自分でカスタムしたりイジるようになったらドンドン深みに……」

という氏のコレクションを拝見。ポジションがアタックスナイパーなので、メインアーム(主要装備)は“M4 オメガレイル(奥本カスタム)”。

それにハンドガンやボディアーマー……etc、すべて実際にゲームで使用するため、イイ感じのエイジング感が出ており、それも男ゴコロをくすぐる。

「やはり仕事が詰まっていたり、モヤモヤしていると“サバゲーに行きたい!”ってなりますね、ガンガン撃ちまくるとストレス解消になります」とはいえど、昨年は多忙で4回しか行けなかったそう。

「子どもが生まれてからは、もうひとつの趣味であるキャンプの方が増えちゃって(苦笑)」。

 

サバゲーをする奥本昭久

 

 

サバゲーをする奥本昭久

 

実際にフィールドに赴いた際の姿を写した思い出の写真たち。

ご覧の通り、周囲のプレイヤーたちに比べても、ひとりかなりの重装備(笑)。

このようにピーク時は毎週末、関東近郊のフィールドでゲームに興じていたとのこと

  

奥本昭久氏

奥本昭久 (フォトグラファー)

内藤啓介氏に師事し、2004年独立。現在は雑誌を中心に、広告やCDジャケット、写真集などさまざまなジャンルで活躍中。2014年には「COMMERCIAL PHOTO NEW GENERARION PHOTO CREATORS 100」にも選出された。

http://kilioffice.com

 

 

 

※2015年03月発行『i bought VOL.09』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

クリエイターたちの意外な趣味と、その愛用品 My Hobby&My Gear -SURVIVAL GAME-

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

SHOPNAME_BAMBOO SHOOTS

patagoniaやARC’TERYXなどおすすめアウトドギア20選

i bought編集部
OUTDOOR GEARS for LIFE PART.TWO

岡部文彦らのお気に入りアウトドアグッズ12選

i bought編集部
グランピング スクリーンタープ

手作りのグランピングを実現。11畳サイズの大型多機能スクリーンタープ発売。...

i bought編集部
外遊びからファッションまでパーソナルが表れるモノ満載 今年の夏はコレ使います PART.005

夏秋のアウトドアファッション11選アークテリクス、キーンなど...

i bought編集部
ポンチョ フェスポン

軽くて動きやすい!夏フェス特化型レインポンチョ発売...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます