CHALLENGERデザイナー田口悟とスタイリスト秋山貴紀が愛用するバイク

CHALLENGERデザイナー田口悟が愛用するバイクTRIUMPH 6T BLACKBIRD '55とスタイリスト秋山貴紀が愛用するバイクYAMAHA CYGNAS-X 125についてインタビュー。
車やバイク、自転車など多くの選択肢がある中で、なぜバイクを相棒ギアにしたのか伺った。

i bought編集部

 CHALLENGER(チャレンジャー)デザイナー田口悟

TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55

田口悟(CHALLENGER デザイナー)

DATE/購入時期    2012年夏
LOCATION/購入場所    ────
PRICE/購入価格    ────

「周りの仲間の影響もあって、3~4年前まではハーレーダビッドソンをずっと探していたんですよね。ただ、僕にはもっとスリムなシルエットのバイクが合っているんじゃないかってことに気がついて。そんな時にひと目惚れしたのが、このブラックバードだったんです。チャレンジャーのブランドイメージがどうこうっていうよりも、完全に趣味の範囲内で即決でした。今は、クルージングをする際に、最高の相棒として活躍してくれています。まぁ、都内だとセカンドギアで十分すぎるくらいなんですけどね。でも、それもこのバイクならではのおもしろさ。イギリス車らしいクラシックなルックスや、鉄ヘッド独特のエンジン音が、僕の心を鷲掴みにしています」

視覚と聴覚を魅了してやまないクルージングをともにする盟友

100年以上の歴史を刻んできた、英国の伝統的なバイクメーカー、TRIUMPH(トライアンフ)。同銘柄の中でも、とりわけ人気を博すこのBLACKBIRDに注ぎ込まれた、田口のこだわりとは?

「このモデルは、僕にとって完成されたデザイン。だからこそ、忠実な純正の姿であることにこだわっています。当時の雰囲気が楽しめるのも魅力ですよね」

TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 FRONT.

 

 TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 FRONT.

TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 BACK.

TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 BACK.

 

TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 SIDE.

 

 TRIUMPH 6T BLACKBIRD ’55 SIDE.

 

田口悟(CHALLENGER デザイナー)

日本スケートシーンで活躍してきた元プロスケーター。第一線を退いた後、2009年よりCHALLENGERをスタート。アメリカンガレージをテーマに、現在もネオクラシックなアイテムを多数リリース中。

http://www.challengerworks.com

 

スタイリスト秋山貴紀

YAMAHA CYGNAS-X 125

秋山貴紀(スタイリスト)

DATE/購入時期    2012年秋
LOCATION/購入場所    横浜
PRICE/購入価格    20万円強

「僕はいつまでも“身軽なスタイリスト”でいたいんです。仕事柄、荷物を運ぶのに車は必要だけど、打ち合わせなど荷物がない時はバイクがマストなんですよね。もともとバイクが好きで、特にオフ車はカワサキのKLXやヤマハのWRなどにも乗っていました。ただ靴が痛んでしまうので、今はスクーターに乗っている感じです。ビッグスクーターには興味がなくて、125ccがベスト。そこそこのスピードが出て、置き場に困らないので。そうした選択肢の中で、デザインが気に入った逆輸入車の『ヤマハ/CYGNAS-X』を昨年購入したました。逆輸入にこだわったわけではなく、単純に国産よりも安価だったし、好きなブルーが海外しかなかったんですよね」

“身軽なスタイリスト”の相棒は逆輸入による125ccスクーター

 車体のカラーとデザインに一目惚れしたというスクーターはフルノーマル仕様。マフラーには漢字でYAMAHA(ヤマハ)の文字が刻印されている。

「車でもバイクでも、僕はノーマルが好き。そのままの完成度が一番良いと思うんですよね」。

シートのステッチや、ブレーキ周りにあしらわれたレッドの差し色が、秋山さんにとってのツボだそう

YAMAHA CYGNAS-X 125 FRONT.

YAMAHA CYGNAS X 125 FRONT.

 

YAMAHA CYGNAS-X 125 BACK.

YAMAHA CYGNAS X 125 BACK.

 

YAMAHA CYGNAS-X 125 SIDE.

YAMAHA CYGNAS X 125 SIDE.

 

 

秋山貴紀(スタイリスト)

 

Samurai magazineをはじめメンズファッション誌を中心に活動。若手俳優のスタイリングもこなす実力派。スポーツテイストを取り入れたスタイルに定評があり、生粋のスニーカーラヴァーとしても有名な人物

 

 

※2013年6月発行『i bought VOL.02』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

ボクたちが乗り物を選ぶ理由。 MY FAVORITE VEHICLE&ACCESSORY Part.02

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

普段は“見せないコダワリ”、それが男のダンディズム THE 男の身だしなみ

男の身だしなみ「グルーミング用品」32選

i bought編集部
クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - eri -

mother(マザー)デザイナーeriの愛用カメラNIKON FM2等7台

i bought編集部
目利きが認めた次の時代の新定番 next & post My Standard selector002.伊藤壮一郎

soe(ソーイ)デザイナー伊藤壮一郎の新定番アイテム3選...

i bought編集部
いつも愛用している自分だけの匂い。 誰かのために?自分のために? ワタシの匂い

スタイリスト、プレスなど業界人おすすめの香水8選

i bought編集部
我が子を溺愛するクリエイターたちの買い物事情 パパ&ママ業界人たちの親バカアイテム PART01

江川芳文らオシャレ業界人おすすめの子供服など12選...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます