WTAPSディレクター西山徹のナショナル麻布バイイング報告

国際色豊かなスーパーマーケットナショナル麻布。
WTAPSディレクターの西山徹がナショナル麻布で選んだ、購入品リスト:薪、洗剤、ビール、シリアル、コーヒー、調味料、スライスチーズ、バーベキュー用品など計18点。

i bought編集部

SHOP:NATIONAL AZABU SUPERMARKET

NATIONAL AZABU SUPERMARKETにいる西山 徹氏

「外国人の利用者が多いせいかバーベキューグッズの充実ぶりは流石。輸入物のオーガニック食品もあれば、見るからにジャンクなスナック菓子まで揃う。2階の雑貨フロアもいつも覗きに行きます」

 

ADDRESS_東京都港区南麻布4-5-2   

[map addr=”東京都港区南麻布4-5-2″]

 

TEL_03-3442-3181  

STORE HOURS_8:30〜21:00   HOLIDAY_無休(年始を除く)

  

購入品リスト

暖炉用のナラ薪

暖炉用のナラ薪

 

国産のオーク材を薪ストーブ・暖炉用にカットして販売する国際派、ナショナル麻布ならではの買い物。

「普段はネット通販も利用します」。

¥999 

 

Weberの火熾し器

Weberの火熾し器

 

バーベキューの炭を素早く着火させるのに便利な火熾し器。

「キャンプやベランダでもグリル料理するのに欠かせないツール」。米国製。

¥4,094

 

EVEREONの子供用アンブレラ

EVEREONの子供用アンブレラ

 

エバーイオンのビニール傘は骨が樹脂製のため、壊れにくく長く使える、エコでサスティナブル。

「年子の息子と娘には同じものを2色買い」。

¥1,404

 

P&Gの食器用洗剤“IVORY”

P&Gの食器用洗剤“IVORY”

 

本国アメリカでは敏感肌の人にも優しく手荒れしにくいとの評価を得ている食器用リキッド洗剤、アイボリーは西山家の定番商品だとか。

¥849

 

KINGSFORDのチャコール

KINGSFORDのチャコール

 

アメリカ生まれの定番中の定番、キングスフォードのチャコールブリケット。着火用燃料を染み込ませた人気のMatchLightシリーズより。

¥1,625

 

NOUVELのラクレットグリル

NOUVELのラクレットグリル

 

石焼グリルと同時にチーズを溶かしてラクレットを楽しめる便利な調理器具は

「前々から妻にリクエストされていたので、これを機に購入」。

¥9,180

 

P&Gの洗剤“Tide with Downy”

P&Gの洗剤“Tide with Downy”

 

柔軟剤入り衣類用洗剤と言えばタイドリキッド、これにダウニーのクリーンブリーズが添加された無敵のコラボレーション。濃縮タイプ。

¥4,380

 

FULLER’Sのビール

 

FULLERSのビール

 

ロンドンに唯一残る醸造所で生産された英国エールスタイルのビールは苦みと麦芽の風味が絶妙なバランス。

「夫婦の晩酌用に」。

330ml。

各¥401

 

familiaの動物シリアル

familiaの動物シリアル

 

6種類の穀物が入った動物モチーフのシリアルはサクサクとした食感がポイント。原産国はスイス。

「子どもの朝食やおやつ用にピッタリ」。

各¥151

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

冬浅き東京都心を巡るバイイング報告 西山 徹、日用品を購う 2014冬 - NATIONAL AZABU SUPERMARKET -

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

冬浅き東京都心を巡るバイイング報告 西山 徹、日用品を購う 2014冬 - LIVING MOTIF -

WTAPSディレクター西山徹お気に入りのLIVING MOTIF購入品...

i bought編集部
OUTDOOR GEARS for LIFE PART.ONE

WTAPSデザイナー西山徹の秘蔵キャンプギア10アイテム

i bought編集部
オリジナルであり続けるブランドの魅力 WITH SWTAPS

WTAPSに魅せられたNIGO®、狩野健太ら6人のクリエイターたち...

i bought編集部
冬浅き東京都心を巡るバイイング報告 西山 徹、日用品を購う 2014冬 - KINOKUNIYA -

WTAPSディレクター西山徹の紀ノ国屋バイイング報告

i bought編集部
冬浅き東京都心を巡るバイイング報告 西山 徹、日用品を購う 2014冬 - ザ・コンランショップ -

WTAPSディレクター西山徹お気に入りのザ・コンランショップ購入品...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます