カメラ専門店による「2016年に気になった新製品カメラ」20選

日本最大級のカメラ専門店『Map Camera』スタッフの気になる新製品20選。Canon(キャノン)、Nikon(ニコン)、SONY(ソニー)、Panasonic(パナソニック)など最新情報までご紹介。

i bought編集部

目次

日本最大級のカメラ専門店『Map Camera』スタッフの気になる新製品20点

17x

シュッピン株式会社の運営する日本最大級のカメラ専門店『Map Camera』スタッフが、2016年発売(予定)商品の中で、気になる新製品20点をピックアップ。

 

Map Cameraとは

Map Cameraは新品から中古まで、カメラや関連商品の販売・買取を行う日本最大級のサイト。

総アイテム数15,000点以上をラインナップ。

 

Map Camera 公式WEB

Map Times Online 公式WEB

 

Canon(キャノン)新製品のカメラ

Canon EOS-1DX Mark II

Canon EOS 1DX Mark II

4年ぶりのモデルチェンジということもあり大きな話題となる。発売から半年以上経った今でも人気は高い。

 

リオオリンピックが始まると、キヤノンの超望遠レンズの販売も増え続け、オリンピック効果は絶大だった。

 

Canon EOS 5D Mark IV

Canon EOS 5D Mark IV

4年半ぶりのモデルチェンジ。発表から発売までの期間は短かったものの、予約が多数あった。

 

新しい L レンズを一緒にご購入する人も非常に多く、EF70-200mm F2.8L IS II、EF100-400mm F4.5-5.6 IS II、EF24-70mmF2.8IIなどフルサイズ対応のレンズの動きも活性化した。

 

Canon EF16-35mm F2.8L III USM

Canon EF16 35mm F2.8L III USM

II 型の発売から約10年、モデルチェンジを待ち望んでいたユーザーも多い16-35mm。

 

超高画素カメラに対応する高い描写力を持ち、Canon EOS 5D MarkIV と組み合わせた購入も多数見受けらた。

 

Nikon(ニコン)新製品のカメラ 

Nikon D5(XQD,CF type)

Nikon D5(XQD,CF type)

AF関連および連写性能の向上に、XQDの組み合わせが撮影機能を大幅に強化。

 

高感度画質も常用ISO102400まで強化され、フラッグシップ機としての人気も高かった。

 

高速書き込みの実力の高さから、XQDカードを選択する人が増加。

 

Nikon D500

Nikon D500

2009年のD300s以来となる待望のDXフォーマット最上位モデル。

 

153点のAFシステムを採用し、10コマ/秒を誇る高速連写や4K動画機能、XQDカードの採用などで発売前から話題を呼ぶ。

 

高速書き込みが可能なXQDカードとの組み合わせで、RAW撮影でも連写が止まらないと評判。

 

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED、AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR

Nikon AF S NIKKOR 105mm F1.4E ED、AF S NIKKOR 70 200mm F2.8E FL ED VR

Nikonよりモンスター級のポートレートレンズの登場。

 

サードパーティーで高画素時代に対応した高性能のCarl ZeissのOtusシリーズ等が登場する中での発売で、メーカー純正レンズのその性能に注目が集った。

 

ほかにもPC19mmやAF-Pレンズなどコアなレンズも続々登場した。

 

SONY(ソニー)新製品のカメラ

SONY G Master シリーズ

SONY G Master シリーズ

FE レンズに「解像力とボケ味に拘った最高峰レンズ」の G Master シリーズが登場。

 

SONYのレンズ群に、FE 24-70mm F2.8 GM、FE 85mm F1.4 GM、FE 70-200mmF2.8 GM OSS という強力なラインナップが加わり、他メーカーからα7 シリーズへ乗り換えが目立つ 1 年となった。

 

SONY α99II

SONY α99II

つい先日発売したばかりのα99II。

 

4 年前に発売したα99 の後を継ぐフラッグシップ機として AF性能や手振れ補正(5軸)の大幅な性能強化に加え、動画性能の高さにも期待を集め、Aマウントユーザーの買い替え需要が高まっている。

 

SONY RX100M5

SONY RX100M5

SONY RX100 シリーズの第5世代機として他社の同クラス高級コンパクトデジカメの追随を許さない AF/連写性能が人気を集めた。

 

未だ根強い人気を誇る初代を筆頭に、RX100M3 や RX100M4 も人気を持続している。

 

 

Panasonic(パナソニック)新製品のカメラ 

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH. POWER O.I.S

Panasonic LEICA DG VARIO ELMAR 100 400mm/F4.0 6.3 ASPH. POWER O.I.S

マイクロフォーサーズ初の最大 800mm の超望遠ズームとして発売されたレンズ。

 

ライカブランドで 35mm 換算 200-800mm という超望遠域をカバーしながらも重量1kg 以下と軽量で手持ち撮影が可能。マイクロフォーサーズ機の利点であるコンパクトシステムを体現する1本。

 

Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2

Panasonic LUMIX DMC GX7MK2

ローパスフィルターレスセンサーを搭載する本機種。

 

わずか426gのボディで、4kフォト、4k動画撮影も完結する性能の高さが魅力。

 

コンパクトなサイズから、一眼のサブ機という位置づけとして他社のユーザーからも注目を集めた。

 

OLYMPUS(オリンパス)新製品のカメラ 

OLYMPUS PEN-F

OLYMPUS PEN F

世界初のハーフサイズ一眼レフ「PEN-F」の美しいフォルムを継承した、ミラーレス一眼カメラ、「OLYMPUS PEN-F」。

 

ファインダーの搭載、タッチパネル内臓のバリアングルモニターなどで使い勝手も向上し、性別を問わず高い人気を誇る。

 

OLYMPUS M.ZUIKO PRO シリーズ

OLYMPUS M.ZUIKO PRO シリーズ

M.ZUIKO シリーズの最高峰レンズシリーズ M. ZUIKO PRO。

 

2016 年は2月に ED300mm F4.0 IS PRO、11月に ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ED 25mm F1.2 の2本が発売となり、それぞれ高い評価を得ている。

 

Leica(ライカ)新製品のカメラ 

Leica M-D(Typ262)

Leica M D(Typ262)

液晶モニターを廃した思い切りのいい商品が出たことで問い合わせが相当数あり、フィルムライクなデジタルカメラへのニーズが少なくないことを実感。

 

特にフィルムからデジタルに乗り換えを検討していた人には反響があった。

 

 

HASSELBLAD(ハッセルブラッド)新製品のカメラ

HASSELBLAD 中判カメラ X1D

HASSELBLAD 中判カメラ X1D

期待の世界初ミラーレス中判カメラ X1D、発売後の反応が気になる。

 

FUJIFILM もミラーレス中判カメラ開発を発表しており、こちらも動向が気になるところ。

 

いよいよ中判デジタルもミラーレスの時代に突入した。

 

IMPOSSIBLE(インポッシブル)新製品のカメラ

IMPOSSIBLE I-1

 

インスタントフィルム再燃!?

ポラロイドフィルムを復活させた IMPOSSIBLE が新たなカメラI-1を発売。

 

さらにライカが色鮮やかな「ゾフォート」を発売することで、FUJIFILM の「チェキ」を含め、インスタントカメラの再燃を感じさせる。

 

FUJIFILM(フジフィルム)新製品のカメラ

FUJIFILM X-Pro2 、X-T2

FUJIFILM X Pro2 、X T2

メーカーがダブルフラッグシップを謳う機体が3月、9月に発売。

 

レンズはXF23mmF2などが発売されたが価格改定による値上げによって、中古レンズの販売数が増加。

 

また、X-T1からの乗り換えユーザーが多数おり、X-T1の買取も増加している。

 

PENTAX(ペンタックス)新製品のカメラ

PENTAX K-1

PENTAX待望のフルサイズ K 1

長年待ち望まれていたペンタックス初のフルサイズ機PENTAX K-1が4月に発売。

 

高画素、高感度、処理エンジンなど最新の技術を搭載、旧来からのPENTAXユーザーの方を中心に反響があり、継続して販売数を伸ばしている。

 

TAMRON(タムロン)新製品のカメラ

SP シリーズの新製品

TAMRON SP シリーズの新製品

TAMRON のレンズのなかでも定評のある 90mm マクロと 150-600mm の新型、加えて SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD、ポートレートに最適な SP 85mmF1.8 Di VC USD が新しく登場した。

 

いずれも手振れ補正機構を搭載しており、買い替え需要が増加。

 

モデルチェンジでデザインが一新された SP シリーズからは、レンズメーカーの意地を感る。

 

年末にかけての新製品とは

Canon EOS M5・OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

Canon EOS M5、OLYMPUS OM D E M1 Mark II

Canon からは先日シリーズ初の EVF を搭載する EOS M5 が発売、OLYMPUS からは OM-D E-M1 Mark II の発売を控えている。

 

OM-D E-M1 Mark II はまだ発売まで時間がありますが、予約状況からもカメラ好きの期待感がうかがえる。

 

2016年の総括コメント

各メーカー、新世代のフラッグシップを投入しており、新たな世代の幕開けを感じている。

 

ボディだけでなく意欲的なレンズも続々発表されており、新モデルが発売されると同時にレンズも売れるという相乗効果がある。

 

意欲的な製品が多数発表されたことによって、システムの乗り換えや買い増しも目立っており、来年はさらに競争が激化する1年になることが予想される。

 

Leica トークショー 「ライカ Q の世界」 ~プロカメラマンが伝授する Q ワールド~

ライカQの世界

シュッピン株式会社の運営するカメラ専門店『Map Camera』は、「ライカ Q」の魅力を伝えるトークイベントを、12月17日(土)14 時から開催。

 

スピーカーにはプロカメラマンの萩庭桂太氏と松田忠雄氏を招く。

 

2015年6月の発売開始以降、高い評価を得ているコンパクトデジタルカメラ『Q(Typ116)』。

 

ポートレートを中心に活躍するプロのカメラマンの二人が、『ライカ Q』を手にした「きっかけ」、多岐にわたる被写体を捉えてきたプロの目線での「魅力」、さらには実践的な「使い方」まで幅広い内容を、実際に撮影した写真の紹介を交えて余すことなく伝える。

 

開催概要

開催日時 : 2016 年 12 月 17 日(土)14:00 開始/16:00 終了予定

参加費 : 1000 円

登壇者 : 萩庭桂太氏、松田忠雄氏

募集定員 : 先着 80 名様

会場 : 新宿ファーストウエストビル(東京都新宿区西新宿 1-23-3)

 

下記専用 WEB ページより申込可能。

 

お申込みはこちら

登壇者プロフィール

萩庭桂太(はぎにわけいた)

1966 年1月29日生まれ、東京都出身。

1986 年東京写真専門学校卒業。

同年よりフリーランス・カメラマンとして活動開始。

雑誌、広告、CD ジャケット、カレンダー、WEB など幅広いメディアで活躍中。ポートレート撮影を中心に仕事のジャンルは多岐にわたる。

「写真家」ではなく「写真屋」、作家ではなく職人であることをポリシーとしている。

 

松田忠雄 (まつだただお)

1967年、東京出身。

スタジオアシスタント、フリーアシスタントを経験後、1992年、渡辺雪三郎著「MODE」にてPhotographer としてデビュー。

1997年松田忠雄事務所開設。

ファッション、グラビア、音楽、ドキュメント等、人物写真全般にわたり活動中。

雑誌媒体を活動の中心に 写真集やCD、WEBコンテンツ等幅広く作品を発表し続けている。

近年は写真展を精力的に展開中。

 

関連リンク

愛機の写真投稿を通じてカメラファンの交流を広げるFacebookコミュニティ「自機自賛」

自機自賛 Facebook

作例写真のプレビューサイト「Kasyapa」

Kasyapa 公式WEB

 

シュッピン株式会社 公式WEB

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

OLYMPUS PEN-F

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 森田 晃嘉 -

スタイリスト森田晃嘉の愛用カメラ4選

i bought編集部
クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 石川 俊介 -

marka(マーカ)デザイナー石川俊介の愛用カメラ4選

i bought編集部
クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 松任谷 正隆 -

松任谷正隆の愛用一眼レフカメラ5選

i bought編集部
GoPro_Remo操作イメージ

GoProのHERO5向けの新アイテムRemoが登場

i bought編集部
Instagram(インスタグラム)#私と私の物語

インスタグラム最高執行責任者、来日イベント「#私と私の物語」が開催...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます