マキヒロチのクリエイションが生まれる場所とは? デスクのある風景

数多くの作品が生み出されるクリエイターのデスクには、一体どんなこだわりが詰まっているのだろうか。
恋愛、朝食、不動産など幅広いテーマの下、女性たちのリアルな日常を親しみやすいタッチにて描き出す注目の女性マンガ家、マキヒロチ氏のデスクをご紹介。

i bought編集部

マキヒロチ / Hirochi Maki

 

 

マキヒロチ氏作『いつかティファニーで朝食を』7巻

マキヒロチ(マンガ家)

 

PROFILE.

“朝食”をテーマに女性たちのリアルな日常を描く「いつかティファニーで朝食を」が「コミック@バンチ」(新潮社)にて連載中。また同作の最新コミック7巻が6月9日に発売。他にも「ヤンマガサード」(講談社)にて連載中の「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」など著作多数。 

http://makihirochi.com

 

あえて「壁」を作るコトによって干渉せず集中できる理想的作業空間

マキヒロチ氏のあえて“壁”を作るコトによって 干渉せず集中できる理想的作業空間

 

 

「ネーム(※セリフや絵の下描きを書き込んだ、マンガの設計図的なモノ)を考える際は、スタバやカフェへ逃げ込んだりもしますが、作画作業自体は基本的にすべてこのデスクの上でやっています。私の場合は週6ペースで仕事をして、お休みは日曜日。自宅兼仕事場なので、ほぼ毎日家にいます。結婚したタイミングで今の家へと引っ越したんですが、仕事部屋に関していうと、以前の方がスペースとしては広かったかも。マンガ家の仕事部屋としては、この壁(※写真左端に写っている棚)が私的には重要なポイント! この向こう側にスタッフ用の作業デスクが並んでいるのですが、アシスタントさんたちだって作業中に後ろからジ〜ッと監視されているのも仕事しづらいだろうし、この仕切りが存在するコトで私自身も、仕事をしているフリして鼻クソをほじっていたり、調べ物のフリしてネットサーフィンをしているのがバレずに済むんだから、両者にとって絶対に必要(笑)。とはいえ、仕事に関してはマジメにやってますよ! 最近はネットでデータなどのやり取りをしつつ、在宅で作業してもらっているアシスタントさんだっていますし、そういう意味では、お互いが干渉せず仕事に集中できるという理想的環境の中で、日々マンガを描いています(笑)」。

 

 

 

お気に入りバッグとアイテムたち

01 blank blank blankのカードケース。 02 ネタ帳 03 FUJIFILMのX10 04 DELFONICSの手帳。 05 ANKERのスマホ充電器。 06 caltierのボールペン 07 POLO RALPH LAURENの腕時計。

 

01_blank blank blankのカードケース。名刺入れとして5年ほど愛用中。犬じゃなくてオオカミです。

02_友人からもらったネタ帳は、取材に絶対に欠かせないアイテム。

03_マンガの資料写真を撮影する際にはFUJIFILMのX10が活躍!

04_DELFONICSの手帳。スマートフォンよりも手帳の方が全体のスケジュール管理には向いています。

05_フェスに必須なANKERのスマホ充電器。フル充電の状態なら5回はいけます!

06_caltierのボールペンは、担当さんから「一流の漫画家を目指すなら、一流のボールペンを使え」という言葉とともにいただきました。

07_POLO RALPH LAURENの腕時計。女性ジャーナリストっぽい見た目が気に入っています(笑)。

 

 

Saturdays Surf NYCの バックパック  

Saturdays Surf NYCのバックパック

購入時期_1年くらい前

購入場所_Saturdays Surf NYC 代官山店

購入価格_約16,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は入っていませんが、いつもは折り畳みガサや筆箱、移動中のヒマつぶし用のAmazon Kindleなんかも入っていたりして、かなりパンパン状態(笑)。普段から荷物が多いし、なによりラクなので。やはりリュックが一番です」

 

 

 

ITEM_COPICのペン

COPICのペン

 

 

購入時期_いろいろ

購入場所_tools

購入価格_各250円

「カラー原稿を塗るのに愛用しているのが、簡単で使いやすいコピックのペン。コレを私の友人は“ヲタクペン”と呼んでいます。その横に置いてあるのはプレゼントでもらったUSB加湿器。私、ウンコモチーフが大好きなんです(笑)」

 

 

 

holbeinのカルトン

holbeinのカルトン

 

購入時期_約5年前 

購入場所_忘れました

購入価格_忘れました

「本来は自分が描いたデッサンを持ち運ぶのに使うんですが、浦沢直樹先生が画板の上で描いていると聞いたのでマネしました。前傾姿勢だとオナラがしたくなるんですが、コレを使うようになって、そんな悩みも一発解消しました!」

 

 

 

 

APOTHIAのディフューザー

APOTHIAのディフューザー

 

購入時期_忘れました   

購入場所_Ron Herman

購入価格_約11,000円

「私もアシスタントさんも作業デスクでお弁当を食べたりするので、部屋の中に臭いがこもりがち……。そんな時の気休めにディフューザーや、イソップのルームフレグランスを置いています。イイ匂いの効果で、気分もフレッシュ」

 

 

 

 

Herman Millerのアーロンチェア

Herman Millerの アーロンチェア

 

購入時期_3年くらい前  

購入場所_ネット

購入価格_約80,000円

「長時間、座ってする作業なので、腰痛予防に!基本は普通に使っていますが『座りが悪いなぁ〜』って時には、ヒジ掛けに座ったりも。気分を変える意味もありますが、そんな使い方をしているのって、多分私だけだと思います(苦笑)」

 

 

 

 

写真集 『横山 健 –岸田哲平 編–』 

写真集 『横山 健 –岸田哲平 編–』

 

購入時期_今年の3月  

購入場所_Amazon

購入価格_約4,000円

「健さんってメチャクチャいい人なので、自分ってイヤな奴だなぁ〜と思った時にこの写真集を読むと、『自分自身を見直そう!』って気持ちになるし、元気がもらえるんです! まさに“組織の中心に立つ人のあるべき姿”だと思います」

 

 

 

マンガを描くのに 欠かせないペン類

マンガを描くのに 欠かせないペン類

 

購入時期_いろいろ  

購入場所_いろいろ

購入価格_いろいろ

「Mr.ジェントルマンのコップの中身はミリペン。普段マンガを描くのに使うのは、つけペンだけど、ワク線やエッセイマンガの時にはコレ。シャーペンはステッドラーを愛用していますが、先端が折れやすいので、常に何本かストック中」

 

 

※2015年06月発行『i bought VOL.10』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 1

この記事に関するタグ

クリエイションが生まれる場所とは? デスクのある風景 Lancdscape.07 -マキヒロチ-

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

映画『3月のライオン』描き下ろしイラスト

映画『3月のライオン』前売券の特典、羽海野チカ描き下ろしイラスト解禁...

i bought編集部
ミュージアム第一巻

霧島早苗は妻夫木聡!『ミュージアム』とは?映画情報と漫画ネタバレ...

yoshida
溺れるナイフ×ルミネ展

『溺れるナイフ』映画化!主演小松菜奈、菅田将暉のコメントも...

i bought編集部
映画曇天に笑う大東秀介

映画『曇天に笑う』!キャスト福士蒼汰,中山優馬らのビジュアル・新キャスト公開!...

i bought編集部
映画『3月のライオン』キャスト

映画『3月のライオン』キャストからコメント!神木隆之介、有村架純など豪華顔ぶれ...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます