天才が炸裂!平成生まれの新人女性映画監督、山戸結希とは?

多くの著名人、関係者から「天才」と称される平成元年生まれの新人女性映画監督、山戸結希。称賛の声や、彼女のこれまでの作品の予告編や受賞歴。2016年に公開された『溺れるナイフ』について紹介する。

Uma

山戸結希とは?

山戸結希 プロフィール

 

【山戸結希 /やまとゆき】
1989年生まれ。 愛称は「やまとん」
職業、映画監督。

 

略歴

上智大学文学部哲学科在学中、映画研究会を立ち上げる。処女作『あの娘が海辺で踊ってる』を撮影。この作品が第24回東京学生映画祭で審査員を務めた井土紀州に絶賛され、審査員特別賞を受賞。

 

次作の『Her Res 〜出会いをめぐる三分間の試問3本立て〜』が同年のぴあフィルムフェスティバルで入選。

 

2012年11月10日からポレポレ東中野で『あの娘が海辺で踊ってる』を自主配給により上映。無名の新人ながら同館のレイトショー動員記録となるヒットとなり脚光を浴びる。
2013年初春、週刊誌フライデーの「今年くる顔16人の武器」に選出、松本シネマセレクトアワード「恐るべき子ども賞」を受賞。第13回東京フィルメックスでは学生審査員を務める。
2013年4月、MOOSIC LAB 2013にて音楽バンドのおとぎ話とタッグを組んで製作された『おとぎ話みたい』が公開され、グランプリほか3つの賞を獲得。
2014年3月、商業デビュー作となる『5つ数えれば君の夢』が渋谷シネマライズの監督最年少記録で公開を果たす。
2016年6月、同年6月に開催されたテアトル新宿での「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」特集で、『おとぎ話みたい』が10 年代を代表する最新作として選出される。また本作は12月に劇場公開された際には連日満員御礼となり、テアトル新宿の実写映画作品のレイトショー初週動員記録を13年ぶりに更新した。
2015年、第24回日本映画プロフェッショナル大賞の新人監督賞を受賞。

 

「若き天才」

数多くの著名人からの絶賛される山戸結希。称賛の声の中には「天才、才能」という言葉が。

佐々木敦(批評家)

 

評論家の佐々木敦は、山戸結希が監督を務めた「神聖かまってちゃん」のMV映像を自身のTwitterで紹介し、「天才」と賞賛している。

 

佐藤佐吉(監督/脚本家/俳優)

 

映画監督や脚本家、俳優として活躍する佐藤佐吉が、自身のTwitterで山戸結希の作品を賞賛。

 

中森明夫(コラムニスト/編集者)

 

コラムニストや編集者として活躍する中森明夫が、自身のTwitterで山戸結希の作品を賞賛。

 

山戸結希監督の作品紹介

『あの娘が海辺で踊ってる』(2012年)

 

『あの娘が海辺で踊ってる』の公式サイトで予告篇映像が紹介されている。

熱海に住む女子高生2人、男子高生2人の夏のひと夏の成熟を描いている。第24回東京学生映画祭で審査員特別賞受賞。

 

『Her Res 〜出会いをめぐる三分間の試問3本立て〜』(2012年)

ちょっとボーイッシュな風貌のみなみと、愛嬌のある顔がどこか周囲をいつも和ませるすみれの対照的な2人の少女の出会いをめぐる物語を試問形式で描かれている。ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2012にて入選。

 

『映画バンもん!~あなたの瞬きはパヒパヒの彼方へ~』(2012年)

ある日突然、「美少女戦士バンドじゃないもん!」になってしまったごく普通の13歳の少女の戦いと葛藤の日々を描く短編映画。

2012年11月9日、鳥取・米子市にて開催された「第二次米子映画事変」にてワールドプレミア上映。

 

『おとぎ話みたい』(2013年)

 

『おとぎ話みたい』の公式サイトで紹介されている予告編映像。

 

唯一無二の存在感を誇るオルタナティヴ・バンド「おとぎ話」と山戸結希監督とのコラボにより生まれた作品。田舎に暮らす高校生のひと冬の初恋の記憶と、愛と夢のはざまで傷つく青春の普遍性を紡いだ「少女」映画。

 

MOOSIC LAB 2013 グランプリ受賞。第24回日本映画プロフェッショナル大賞ベスト10に選出。

 

『5つ数えれば君の夢』(2014年)

 

『5つ数えれば君の夢』の公式サイトで紹介されている予告編映像。

人気ガールズ・ボーカル&ダンスグループ「東京女子流」主演の、少女たちのきらめきと葛藤を繊細に写し取る青春映画。

 

私はわたしを探しています。〜中島哲也監督『渇き。』スペシャル・メイキング〜(2014年)

中島哲也監督の映画『渇き。』で小松菜奈に密着したスペシャルメイキング「私はわたしを探しています」を撮り下ろした。

 

最新作『溺れるナイフ』

購入はこちら

 

『別冊フレンド』(講談社)にて連載中のジョージ朝倉の漫画『溺れるナイフ』が2016年に実写映画化され、山戸結希が監督を務めた。主演は小松菜奈と菅田将暉。

 

 

映画『溺れるナイフ』の公式Twitterで山戸結希のティーチインイベントの情報などがUPされている。

 

 

映画『溺れるナイフ』のティーチインイベントに登壇した山戸結希。

 

関連リンク

山戸結希 公式WEB

山戸結希 Twitter

溺れるナイフ Twitter

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

レンタルではなく、購入して持っておきたい作品への思い 最近買った2本のDVDに寄せる。 Vol.10 achico

achico(アチコ)がお気に入りの映画『wallflower』について語る...

i bought編集部
レンタルではなく、購入して持っておきたい作品への思い 最近買った1本のDVDに寄せる。 Vol.09 5lack

映画『DOWNTOWN 81』をラッパー5lackが綴る

i bought編集部
映画『パワーレンジャー』新場面写真

日米ハイブリッド超大作映画『パワーレンジャー』特報映像と新場面写真解禁...

i bought編集部
映画『3月のライオン』描き下ろしイラスト

映画『3月のライオン』前売券の特典、羽海野チカ描き下ろしイラスト解禁...

i bought編集部
東京グール:窪田正孝が演じる主人公・金木研

映画『東京喰種(グール)』窪田正孝の金木研キャラ画像を初解禁...

i bought編集部

この記事を書いたライター

Uma

こんな記事も書いてます