井浦新を刺激する、唯一無二のクリエイティブショップ5選

ある時は俳優、ある時はデザイナー、ある時はフォトグラファーとして多彩な才能を発揮する井浦新。そのクリエイティビティーは何によって形作られているのか。お気に入りのショップ5選をご紹介。

i bought編集部

FUJIYA CAMERA

フジヤカメラ店 本店を訪れる井浦新

「カメラは僕のライフスタイルにとって欠かすことができないものです。ELNESTのパンツを穿いて、A-1 CLOTHINGのシャンブレーを着て、スノーピークのアウトドアアイテムを持って自然の中へ行き、そこでPENTAXのカメラで写真を撮る。僕が行く店はすべて僕自身のライフスタイルを反映しているんです。フジヤカメラさんはPENTAXの広報の方に紹介していただいたお店。PENTAX K-3とPENTAX 645Dを愛用しているので、PENTAXが充実しているお店を探していたんです。ここのお店のスタッフの方からはカメラのエキスパートとしてのオーラがプンプン漂っています(笑)。細かい質問も直接できるのでとても心強いです」。

 

PENTAX 645N Ⅱ (ボディ、中古、生産終了品)¥45,360、 smc PENTAX FA645 75mm F2.8(レンズ、新品)¥54,400

「PENTAXも他のメーカーも充実ぶりがすごいです。 各メーカーのエキスパートのスタッフの方がいらっしゃるのでしょう。 ドラマの撮影で中野近辺に来ることが多いので、 撮影の合間にお邪魔する可能性が高いです(笑)」

PENTAX 645N Ⅱ (ボディ、中古、生産終了品)¥45,360、

smc PENTAX-FA645 75mm F2.8(レンズ、新品)¥54,400

 

INFORMATION.

フジヤカメラ店 本店

ADDRESS_東京都中野区中野5-61-1

TEL_03-5318-2241

STORE HOURS_12:00〜20:00   HOLIDAY_無休

 

 

TOKYO NATIONAL MUSEUM MUSEUM SHOP

東京国立博物館ミュージアムを訪れる井浦新

「東京国立博物館のミュージアムショップ。ここは展示を見た後に必ず訪れて欲しい場所です。展示物をモチーフにしたさまざまなミュージアムグッズがありますが、僕はそういう遊び心のある形に落とし込まれたものを買って帰るのが大好きです。展示物の価値は計り知れないけれど、それを見た時の感動の一部をリーズナブルなミュージアムグッズという形で持ち帰ることができる。そんな面白さがあるんです。実用的でないオブジェなどでもいい。そういうものが生活の中にあるだけで楽しくなれる気がします。あと、書籍の充実ぶりもすごい。展示品にまつわるほぼすべての書籍が揃っていると言ってもいい。資料探しにもとても役立ちます」。

 

東京国立博物館ミュージアムショップ

「『井浦新の美術探検』を出版するにあたり、 普段見られない博物館の裏側を見ることができて、 東京国立博物館に対してより理解が深まり、より愛着が湧きました。 展示を観た後は必ずミュージアムショップに立ち寄ります。 最近のミュージアムグッズはクオリティーの高いものが多くてついつい買ってしまいます」

 

INFORMATION.

東京国立博物館ミュージアムショップ

ADDRESS_東京都台東区上野公園13-9東京国立博物館内

TEL_03-3822-0088

STORE HOURS_9:30〜

閉店時間・休業日は博物館の閉館時間・休館日に準じる

 

 

※2014年06月発行『i bought VOL.06』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

井浦新 (俳優)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

クリエイターが通うおしゃれでディープなショップ20店 東京通の買い物コース&MYルール -COURSE.03-

阿部孝史が通う東京の古着&カレーショップ巡り

i bought編集部
クリエイターが通うおしゃれでディープなショップ20店 東京通の買い物コース&MYルール -COURSE.02-

BALデザイナー蒲谷健太郎が通う渋谷・目黒の買い物コースとおすすめアイテム...

i bought編集部
クリエイターが行きつけのアノ店コノ店に表敬訪問 2013年通いまくったSHOPに年末のご挨拶 NAVIGATOR.01 中室 太輔

muroffice中室太輔行きつけの中目黒・青山・原宿のショップを紹介...

i bought編集部
クリエイターが行きつけのアノ店コノ店に表敬訪問 2013年通いまくったSHOPに年末のご挨拶 NAVIGATOR.04 吉田 沙世

吉田沙世の行きつけのヴィンテージショップ・洋書店など4店...

i bought編集部
ショップが集中する原宿や青山とはひと味違う、 ちょっとディープなエリアを拠点とするクリエイター4人が登場し、彼らがリアルに通う名店を大公開。 この店を目当てに、プチ旅行気分でちょっと足を伸ばしたくなること必至!

アレキサンダーリーチャンが通う千駄ヶ谷エリアの名店5選...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます