世界を旅するクリエイター野村訓市とは?

世界各国のクリエイター86名のインタビュー本の企画編集。「GAP」プロジェクトの監修、ラジオナビゲーター、雑誌の企画編集・執筆、アートディレクション・作品の制作、ショップなどの設計、映画出演とマルチに活躍するクリエイター野村訓市とは。

さくらい*

野村訓市プロフィール

 

【野村訓市 (のむらくんいち)】

クリエーター

1972年生まれ、東京都出身

慶応大学総合政策学部在学中より世界を旅する。

世界で約50カ国を旅した経験を活かし、 『sputnik:whole life catalogue』 の企画編集を行い、世に広く知られるようになった。

ラジオナビゲーター、企業のブランディング、雑誌の企画編集・執筆、アートディレクション・作品の制作、ショップなどの設計、映画出演とマルチに活躍。

好きな仕事しかしないと決めている彼は、「自分が面白いと感じたことをいかにして多くの人に知ってもらえるか」を常に考えながら仕事しているという。

 

書籍 『sputnik:whole life catalogue』 (2000年)

『sputnik:whole life catalogue』

出典:amazon.co.jp

購入はこちら

 

野村訓市が世界約50ヵ国を旅した後、26歳の頃に手がけたインタビュー誌。世界各国のクリエイター86名にインタビューしている。

物ではなく、あらゆる生き方を綴ったカタログとなっている。

本作により、野村訓市は知名度を飛躍的にあげたと言われている。

 

海の家「SPUTNIK」

フリーでDJブースやバーを楽しめる、カフェスタイルな海の家(夏期限定)。

大学在学中から世界を放浪し、帰国後インテリア製作会社「IDEE (イデー) 」の黒崎社長と出会い、辻堂にこの施設を建てた。

 

Gapプロジェクト「BLUE BOX PRESENTS.」

コンセプトは「ありのままの自分のライフスタイルに光を当てること。」

アパレルブランド「GAP (ギャップ)」のプロジェクト第一弾は野村訓市が監修を務めた。

各分野で活躍する8名に焦点を当てることで個性を追求したポートレート展示、そのメンバーから選ばれた人気モデル・クリスウェブ佳子(上写真:右)、それらのポートレートを撮りおろしたフォトグラファー・小浪次郎、そして野村訓市の3人のトークイベントが行われた。

 

ラジオ番組 『Antenna TRAVELLING WITHOUT MOVING』

もうすぐニューヨークに引っ越す写真家の小浪次郎が撮ってくれたラジオでの収録風景。出逢った頃は目力の強いあんちゃんで、これから写真でやってくんだという決意が眩し過ぎてその日以来サングラスをかけるようになりました。いまじゃ立派になって老後を頼ろうとする1人に。ワコマリアからでている写真集'天国東京'を是非。ラジオは今週は間に合いませんでしたがプリンス特集を近々やるのでパープルな思い出があるかたは是非葉書を here's the photo of me by photographer Jiro Konami, who is moving to New York next month. Very talented young photographer, check his work. This from photo book Paradise Tokyo from Wacko Maria @jirokonami @wackomaria_guiltyparties #travellingwithoutmoving

A photo posted by Kunichi Nomura (@kunichi_nomura) on

 

■ 毎週日曜 20:00〜20:54

■ J-WAVE 81.3FM

ナビゲーターを野村訓市が務めている。

「動かない旅」をキーワードに、旅の話と旅の記憶からあふれ出す音楽を紹介するラジオ番組。

野村訓市の経験をベースにしたトークとセレクトされた楽曲が人気である。

Twitterでは、「日曜の夜をゆったり過ごすにあたって最適な番組だ」という声もあがっている。

公式WEBではトークの書きおこしと、セレクトされた楽曲リストが掲載されている。

Antenna TRAVELLING WITHOUT MOVING 公式WEB

 

執筆業

購入はこちら

 

男性向け雑誌『BRUTUS (ブルータス)』をはじめ、『POPEYE (ポパイ)』などに寄稿し人気を博している。

 

野村訓市が出演した映画作品

『ロスト・イン・トランスレーション』 (2003年)

購入はこちら

 

倦怠期のハリウッドスターと、若い人妻の出会いと別れを描いた作品。

カラオケボックスにて、俳優のビル・マーレイとともにロキシー・ミュージックの『More Than This』を歌う場面は、6~8時間かけて撮影された。

 

『グランド・ブダペスト・ホテル』 (2014年)

購入はこちら

 

高級ホテルのコンシェルジュを務める初老の男と、若いベルボーイの交友が描かれている。

ウェス監督のスタッフからひたすら届くメールを確認したのち、1960年代のシーンにて出演することになった。

野村訓市によれば、身長の高さやヒゲの有無を尋ねたりとウェス監督独特のこだわりは随所に見られたという。

 

TRIPSTER (トリップスター)

野村訓市はTRIPSTERではショップやオフィス、展示会などの設計や内装をメインに数多く手掛けている。

TRIPSTERが手掛けたショップ
THE NORTH FACE (ザノースフェース) 

THE NORTH FACE 2015-16 FALL/WINTER PRESS PREVIEW LOST AND FOUND

A photo posted by tripster inc. (@tripsters_inc) on

 

東京で行われた2015-16AWのプレスプレビュー。TRIPSTERの公式インスタグラムで投稿されている。

 

 

「THE NORTH FACE STANDARD (ザノースフェーススタンダード)」の京都店。

1~2階には旅行を楽しむための機能的なアパレルを、3階にはギャラリースペースを設けることで定期的にエキシビションやワークショップなどを開催。

 

 

その他にもショーン・ステューシーが立ち上げたアパレルブランドSTUSSYの新宿店や、Head Porter(ヘッドポーター)の渋谷店なども手掛けており、

公式インスタグラムではその他にも手掛けたショップなどが公開されている。

 

Golden brown NAKAMEGURO 02 #Goldenbrown

A photo posted by tripster inc. (@tripsters_inc) on

 

画像はTRIPSTERが手掛けた中目黒にあるハンバーガーショップ「GOLDEN BROWN(ゴールデンブラウン)」。

 

奥さんは佐田真由美 (さだまゆみ) 

 

モデルや女優として活躍する佐田真由美と2008年10月に入籍結婚している。

佐田真由美もまた、自身のジュエリーブランド「Enasoluna (エナソルーナ)」において、海外旅行で触れたさまざまな文化をジュエリーのアイディアとして取り入れている。

 

関連リンク

TRIPSTER 公式WEB

野村訓市 Instagram

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

野村訓市

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

庭とカフェが魅力の東京の美術館 根津美術館

庭とカフェが魅力の東京の美術館3選

クリエイションが生まれる場所とは? デスクのある風景 Lancdscape.03 - 谷尻 誠 -

建築家、谷尻誠の仕事場と仕事道具とは

i bought編集部
刺繍アーティスト・清川あさみの作品『べっぴんさん』

朝ドラ『べっぴんさん』でも。世界で注目の刺繍アーティスト清川あさみとは...

yoshida
とんだ林蘭の作品:CHANEL×トマト

とんだ林蘭とは?今大注目のアーティスト

N.B.C.
ミワンダフルのメイクの様子

ミワンダフルとは?世界で唯一のメイクスマイルアーティスト!...

i bought編集部

この記事を書いたライター

さくらい*

「わかりやすくお伝えすること」がモットーのアーケードゲーマー。

こんな記事も書いてます