日本初NIKELAB MA5が南青山にオープン!店舗詳細とNIKELAB MA5とは?

日本初のNIKELAB MA5が南青山に2016年12月1日にオープンする。様々なクリエイターとコラボを行ってきたNIKELABとは?
世界で7店舗目となり、独自の日本文化を取り入れたNIKELAB MA5南青山店についてご紹介。

i bought編集部

NIKELAB MA5 が南青山に12/1オープン

日本初、世界で7店舗目となるNIKELAB MA5

NIKELAB MA5南青山に12/1オープン

 

2016年12月1日、東京の南青山にNIKELAB MA5をオープンさせるナイキジャパン。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、上海、香港に続き、世界で7店舗目となる。

南青山のNIKELAB MA5では、NIKELABのデザイン原則を基本にしつつ、日本独自のカルチャーや伝統的な手法を取り入れている。

自然とテクノロジーの融合を図りながらリテールスペースを構築しているため、フィッティングルームの床には畳を使用し、什器の一部にヒノキなどを使っている。日本文化にインスピレーションを受けたデザイン要素がNIKELABのプロダクトの随所に散りばめられている。

 

NIKELABとは?

NIKELABは2014年6月に、ナイキの最新イノベーションの体験やクリエイターとのコレクションを提供する場として発表された。

発表以来、スポーツ、デザイン、イノベーションの交差点であるNIKELABは、ナイキの最新イノベーションとパフォーマンススタイルを組み合わせ、様々なクリエイターなどとコラボレートすることにより、今まで想像したこともないようなコレクションを提供し続けてきた。さらにデジタルの領域を通じて、世界中のコミュニティにも展開されてきた。

 

NIKELABにおけるイノベーションは、製品だけに限定されない。

そのデザイン原則をショップでも表現しており、インスピレーションをプロダクトデザインに落とし込み、NIKELABのショップでは環境への影響を抑えながら最大の機能と美観を発揮してきた。

少ないことは豊かなことでもある。軽量性、機能性、組み立てユニット式(モジュール式)などのナイキのデザイン原則が、ショップで使用する什器、素材、機能性を考慮する上でも生かされてきた。また、画期的なサウンドシステムを使い、ショップでのエクスペリエンスをさらに高めていく。

 

ナイキのデザイナーについて

デザイン会社Miniwizの創立者でナイキの長期的パートナーかつエンジニアでもあるアーサー・ファンと協力。

再生素材の利用によるリテールデザインの進化の可能性を占うべく、マザーボードや包装材などからつくられた革新的な素材も開発している。

 

オススメ記事

NIKEの最新作スペシャルフィールド エア フォース1を紹介

NIKEがTOKYO DESIGN WEEK 2016でエキシビジョン開催

NIKE×ロスターの新作ランニングスニーカー・ウェアが登場

ランニングのパートナーにオススメ!NIKE+対応シューズ10選

NIKELAB×ROUNDELによるZOOM SPIRIDON(ズームスピリドン)が発売!

NIKEがスニーカー専門サイト「NIKE+ SNKRS」をスタート

 

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

NIKELAB MA5南青山に12/1オープン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

ナイキ エア フォース 1 ウルトラフォース MID着用画像

NIKE(ナイキ)新世代のエア フォース1登場!進化した快適さとデザイン...

i bought編集部
ナイキのBreaking2に挑戦するケニアのエリウド・ キプチョゲ、エリトリアのゼルセナイ・タデッセとエチオピアのレリサ・デシサ

NIKE(ナイキ)がマラソンでの2時間切りに挑戦。プロジェクトを発表...

i bought編集部
ナイキ ウインドランナー第3弾

NIKELAB×STONE ISLANDのナイキウインドランナー第3弾

i bought編集部
NikeLab-Air-Zoom-Legend-X-RT-Logo

NIKELAB(ナイキラブ)×リカルド・ティッシのコラボスニーカー...

i bought編集部
ナイキ エア ズーム エリート 9

NIKE(ナイキ)からスピードを求めるランナー向け最新モデル登場...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます