NIKELAB(ナイキラボ) から革新的なトランスフォームジャケットが登場

NIKELAB(ナイキラボ) から革新的なコレクションであるトランスフォームジャケットが登場。多用途できるこだわりが詰まったトランスフォームジャケットは、ジャケット以外に畳んでバックパックとして使用することができる。メンズ・ウィメンズ共に展開。

i bought編集部

NIKELAB(ナイキラボ)
TRANSFORM JACKETが新登場

NIKELAB トランスファージャケット

ナイキはスポーツをライフスタイルの一部として考えている。

 

エアフォース 1 HIGHから、ナイキポケットナイフ、ナイキスタジオラップなど、ナイキのデザイナー達は30年以上も前から1つのデザインで沢山の用途に対応するアイテムを生み出している。

 

NikeLabトランスフォームジャケットは、多用途に使える最新の革新的なコレクションである。

コンバーチブルなデザインのシルエットは、ストラップと収納ポケットによって、変化する環境にシームレスかつ効率良く対応する。

これにより重ね着による心地の悪いかさばりや、熱のこもりなどを生み出す問題をなくしている。

 

ジャケットは2層構造になっており、耐水性の布帛素材のフーディーシェルは、内側の軽く暖かいテックフリースのライナーと ストラップで繋がっている。

不要の時にはバックパックに変形する。

あるいは、ライナーの背中にある大きめのポケットに収納することも可能で、これによりさらにシンプルに着こなすことができる。

 

「2枚のジャケットは1枚だけで着てもそれぞれが機能を発揮します。」と アパレルデザイン担当のナイキ副社長、カート・パーカー は述べている。

「しかし2枚が連動して優れた機能を発揮するソリューションとなるところが、このジャケットの本当の持ち味です。」 2枚重ねのジャケットを1枚にする時は、フーディーシェルを脱いで、前身頃のストラップを引けばパッキングすることができる。

逆にポケットに入れたフーディーシェルを取り出して、後ろのストラップを引くとそのフーディーシェルをまた重ねて着ることがで きる。

フットウェアで今や定番となった革新的なナイキフライワイヤーがジャケットの形状を記憶し、簡単に着用できるように している。

 

NIKELAB(ナイキラボ) 
TRANSFORM JACKET

NIKELAB トランスファージャケット

NikeLab MEN’S TRANSFORM JACKET

48,600円(税込)

 

アウターの布帛素材のフーディーシェルが悪天候から体を保護する。

 

 

NIKELAB トランスファージャケット

フーディーシェルは、ナイキテックフリースライナーと ストラップで繋がっている。

 

NIKELAB トランスファージャケット

ナイキテックフリースのライナーは軽量で暖かく体を包む。

 

 

NIKELAB トランスファージャケット

 

NikeLab トランスフォーム ジャケットは10月13日より販売開始。

 

 

NikeLab トランスフォームジャケット動画ページ

 

関連リンク

NikeLab 販売ページ

 

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

NIKELAB トランスファージャケット

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

NikeLab_Dunk_Lux_Chukka_RT_2_native_600

THE NIKELABからDUNKのLUX CHUKKA X RTコラボが登場

i bought編集部
ナイキ ルナエピック フライニット2

NIKEから「ナイキ ルナエピック フライニット2」のシューズが登場...

i bought編集部
NIKELAB AIR FORCE 1 DOWNTOWN X ACRONYM®

NIKELAB エアフォース1 DOWNTOWN X ACRONYM® 登場

i bought編集部
THE NIKELAB X UNDERCOVER SFB JUNGLE DUNK

高橋盾UNDERCOVER×NIKEコラボ SFBジャングルダンクが登場...

i bought編集部
NIKEテックニット

ナイキ スポーツウェアからテックニットコレクションが再登場...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます