涙腺崩壊!泣けるドラマのおすすめ10選

泣けると話題を呼んだドラマ10選を紹介。家族ものや恋愛もの、サスペンスものまで、おすすめ作品のストーリー概要や涙腺崩壊ポイント等も紹介。社会現象を巻き起こしたドラマ揃いで涙腺崩壊必至!

yoshida

泣けるドラマおすすめ1
『1リットルの涙』

泣けるドラマおすすめ 1リットルの涙 DVDBOX

出典:www.amazon.co.jp

購入はこちら

 

2005年10月11日~12月20日まで、フジテレビ系で放送。

原作は木藤亜也のノンフィクション書籍。

主演は沢尻エリカ。

15歳という若さで脊髄小脳変性症という病気を発症した主人公、池内亜也。

不治の病と知りながらも自らの病気や運命に対し、ひたむきに向き合う姿が描かれる。

若くして難病を発症し絶望を感じながらも、懸命に生きようとする主人公の姿が感動を呼んだ。

 

泣けるドラマおすすめ2
『Woman』

購入はこちら

 

2013年7月3日~9月11日まで日本テレビ系で放送された。

キャッチコピーは、「わたしには、命をかけて守る命がある。」

主演は満島ひかり。

シングルマザーを主人公に、命をかけて生きる女性を描いた社会派ドラマ。

夫を亡くしシングルマザーとして二人の子供を育てる主人公。

母親に見捨てられたことで親子関係が悪化していたが、ある日母親と再会を果たす。

生活保護を受けつつ懸命に働くが、ある日再生不良性貧血という病気を発症してしまう。

親子の確執、病気、シングルマザーとしての子育てなど、満島ひかり演じる主人公の生きる姿、運命に立ち向かう姿が泣ける見どころだ。

 

泣けるドラマおすすめ3
『白い春』

購入はこちら

 

2009年4月14日~6月23日までフジテレビ系で放送された。

主演は阿部寛。

キャッチコピーは「血はつながってる。心はどうだ。」

殺人の罪で9年間刑務所に収監されていた、元暴力団組員の主人公。

出所後に元恋人の消息を訪ねるが、すでに病死していた。

そんな主人公の前に、一人の少女が現れる。

少女は主人公の実の娘でありながら、訳あって他の人物に育てられていたのだった。

実の親と育ての親による親子の絆を描いた作品。

二人の父親を持つ少女を巡るストーリーは、意外なラストで号泣を呼んだ。

 

泣けるドラマおすすめ4
『Dr.コトー診療所』

購入はこちら

 

第1期は2003年7月3日9月~11日まで、第2期は2006年10月12日~12月21日までフジテレビ系で放送された。

原作は山田貴敏による漫画作品。

沖縄県八重山列島にある架空の島、志木那島(しきなじま)を舞台に、離島での過酷な医療状況や人間同士の温かみある触れ合いを描いたドラマ。

都会から来た医者の主人公に対し、初めは心を開かなかった島民たちだが、様々な出来事を乗り越えることでやがて心を通わせていく。

ほっこりと癒される世界観に泣けるという声が多く上がる作品だ。

 

泣けるドラマおすすめ5
『ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~』

購入はこちら

 

2000年1月16日~3月26日までTBS系で放送された。

主演は木村拓哉、常盤貴子。

平均視聴率 32.3%、最高視聴率は41.3%という、大ヒットドラマだ。

腕はあるが人気のない美容師の男性と、難病に侵され車椅子生活をする図書館司書の女性を描いたラブストーリー。

バリアフリーという言葉が広がるきっかけにもなった。

第26回放送文化基金賞本賞受賞。

難病と闘いながらもお互いに愛し合う切ないラブストーリーは、社会現象になるほどの人気を呼んだ。

 

泣けるドラマおすすめ6
『僕の歩く道』

購入はこちら

 

2006年10月10日~12月19日までフジテレビ系で放送された。

主演は草彅剛。

先天的な自閉症により、10歳程度の知能で発達が止まっている31歳の主人公。

ある時幼なじみから動物園の飼育係をやってみないかと勧められ、動物園で働く事になる。

自閉症という特殊なテーマを扱った作品は、大きな反響を呼んだ。

障害への理解や差別的な扱いなど重いテーマの反面、主人公がひたむきに生きる姿、自分の生きる道を選ぶ姿は感動する事間違いなしだ。

 

泣けるドラマおすすめ7
『世界の中心で、愛をさけぶ』

購入はこちら

 

2004年7月2日~9月10日までTBS系で放送された。

主演は山田孝之、綾瀬はるか。

原作は片山恭一による300万部のベストセラー青春恋愛小説で、通称「セカチュー」。

中学校のクラスメイトだった朔太郎とアキは、高校生になり恋に落ちていく。

しかしアキは白血病にかかってしまい、次第にその体は病に侵されていく。

病気を扱った青春ドラマは、切なく泣けると話題を呼んだ。

また、この作品により日本骨髄バンク新規ドナー登録者数が増加したという。

 

泣けるドラマおすすめ8
『とんび』

購入はこちら

 

2013年1月13日~3月17日までTBS系で放送された。

主演は内野聖陽。

原作は重松清による小説作品。

舞台は広島県。妻を失った父親は、反抗期の息子による学校でのトラブル、受験、自立、など様々な困難に直面する。

しかし、困難に悩みつつも息子の幸せを思い、不器用ながらも愛情を持ち息子と向き合っていく。

男手一つで息子を育てた父とその息子、親子の絆がじんわりと感動できる作品だ。

 

泣けるドラマおすすめ9
『mother』

購入はこちら

 

2010年4月14日~6月23日まで日本テレビ系で放送された。

主演は松雪泰子。

人気子役、芦田愛菜が世間に認知されるきっかけとなったドラマで、現代を生きる女性の「母性」をテーマにした社会派サスペンス作品。

キャッチコピーは「母性は女性を狂わせる。」

他人に無関心の内主人公・奈緒は、母親に虐待されている怜南に対し初めての「母性」を覚える。

ある時怜南が虐待されている現実に耐えられなくなった奈緒は、怜南を誘拐し「母親」として二人で逃避行生活を送る事となる。

血の繋がらない関係でありながら、母性で子供を守ろうとする主人公の姿。主人公二人を巡る運命など、感動だけでなくサスペンスとしての見どころも満載。

 

泣けるドラマおすすめ10
『家族ゲーム』

購入はこちら

 

2013年4月17日~6月19日までフジテレビ系で放送された。

主演は櫻井翔。

原作は本間洋平による小説作品。

キャッチコピーは「壊れるまで、キミと向きあおう。」

家庭崩壊を起こした家族の破壊と再生を描いた物語。

家庭教師である吉本荒野は、沼田家で引きこもり生活を送る少年の家庭教師となる。

今まで「表面的に」良好な関係を築いていた沼田家だったが、吉本荒野の登場により家庭内にひずみが生じ、徐々に崩壊していく。

今まで良好に見えた家庭が崩壊していくサマはハラハラするが、そこから繋がる意外なラストは感動する事間違いなしだ。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

泣けるドラマおすすめ 世界の中心で、愛をさけぶ DVD

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

レンタルではなく、購入して持っておきたい作品への思い 最近買った1本のDVDに寄せる。 Vol.05 大橋 トリオ

大橋トリオが語る自身の人生のバイブルとなったドラマとは...

i bought編集部
おすすめの泣ける洋画 7 『HACHI 約束の犬』

おすすめの泣ける洋画10選、『グリーンマイル』『ショーシャンクの空に』など...

さくらい*

おすすめの泣ける小説10選!重松清、横山秀夫『出口のない海』など...

さくらい*
泣ける2016年のアニメおすすめ 『ハイスクール・フリート』

泣けるアニメおすすめ10選【2016年放送】orange、91Daysなど...

さくらい*
ドラマ新シーズン「深夜食堂-Tokyo Stories-」オダギリジョー

オダギリジョー出演!Netflixドラマ『深夜食堂』新シーズン、キャストインタビュー...

i bought編集部

この記事を書いたライター

yoshida

こんな記事も書いてます