安室奈美恵ともコラボしたEDMのパイオニアことデヴィッド・ゲッタとは?

EDMのパイオニアとして知られるDJのDAVID GUETTA(デヴィッド・ゲッタ)とその功績、代表作とは。CHRIS BROWN(クリス・ブラウン)や安室奈美恵らとのコラボ楽曲、2017年1月の来日公演情報もご紹介。

さくらい*

DAVID GUETTA(デヴィッド・ゲッタ)とは

デヴィッド・ゲッタのプロフィール

De camino a Colombia!! Feliz de volver!! Nos vemos esta noche en Medellín!!

A photo posted by David Guetta (@davidguetta) on

 

【DAVID GUETTA(デヴィッド・ゲッタ)】

 

DJ、音楽プロデューサー

1967年11月7日生まれ、フランス出身

 

デヴィッド・ゲッタの略歴

 

1980年 フリーラジオ番組『Los DJ’s』の影響を受けてミックスを作る。

1984年 DJとしてのキャリアをスタート。

1990年 パリのあらゆるクラブでの活動を経て、ディスコCabaret(のちのClub Folies Pigalle)の専属DJとしてハウスミュージックを普及させる。

1992年 ディスコQueenのアーティスティックディレクターに就任。

2001年 ツアー「Love, Don’t Let Me Go」開始。

 

デヴィッド・ゲッタの功績と受賞歴

Best electronic artist ! Thank you so much billboard . Respect to all the other artists woop woop!!!

A photo posted by David Guetta (@davidguetta) on

 

2003年 ゴールドディスク受賞。

2009年 アルバム『One Love』がアメリカではTOP5以内に、イギリスではアルバム中3曲が1位として輝いた。

2009年 雑誌『DJ Magazine』のDJ Mag Top 100にて3位に。

2010年 KELLY ROWLAND(ケリー・ローランド)とのコラボ楽曲『When Love Takes Over』でグラミー賞受賞。

2016年 ビルボードにて最優秀ダンス・エレクトロニック賞を受賞。

 

経済誌『フォーブス』DJ長者番付(2016年)で第3位になったデヴィッド・ゲッタ

経済誌『フォーブス』では2016年に「世界で最も稼ぐDJランキング」にてデヴィッド・ゲッタは第3位に。

UEFA Euro 2016(サッカーのヨーロッパ選手権2016)のテーマ曲『This One’s For You』などを製作した2015年の収入は2,800万ドル(およそ29億円)だった。

 

デヴィッド・ゲッタの代表楽曲

デヴィッド・ゲッタの楽曲『Just a Little More Love』

のちに、『Just a Little More Love』このシングルと同名のアルバムを発表する。

2002年12月18日に発売。

 

デヴィッド・ゲッタの楽曲『The World Is Mine』

2005年1月1日に『The World Is Mine』を発売。

 

デヴィッド・ゲッタの楽曲『Tomorrow Can Wait』

2008年10月27日に『Tomorrow Can Wait』を発売。

 

デヴィッド・ゲッタの代表アルバム

デヴィッド・ゲッタのアルバム『Just a Little More Love』

購入はこちら

 

シングルの曲名と同名のアルバム。楽曲『Just a Little More Love』のリミックス2種の他、『Love, Don’t Let Me Go』のオリジナルエディットも収録。

 

デヴィッド・ゲッタのアルバム『One Love』

購入はこちら

 

ケリー・ローランド、AKON(エイコン)らデヴィッド・ゲッタの友人たちを招いた4枚目のアルバム。

720万枚の売り上げを誇った。

 

デヴィッド・ゲッタのアルバム『Nothing But the Beat』

購入はこちら

 

CHRIS BROWN(クリス・ブラウン)やLIL WAYNE(リル・ウェイン)らと共演した楽曲を多く収録。

 

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲を5選紹介

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲 1
デヴィッド・ゲッタ × RIHANNA(リアーナ)『Who’s That Chick?』

 

2010年11月22日にリリースされた楽曲。

YouTubeの公式ページでは、プロモーションビデオは2種類公開されている。

楽曲は「Day version」である。

 

こちらでは、2種類目の楽曲「Night version」を公開している。

 

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲 2
デヴィッド・ゲッタ × クリス・ブラウン × リル・ウェイン
『I Can Only Imagine』

 

ファッションアイコンとしても知られているクリス・ブラウン、ラッパーのリル・ウェインとのコラボ楽曲。

 

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲 3
デヴィッド・ゲッタ × ケリー・ローランド『When Love Takes Over』

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーオムニバスアルバム『Songs For Japan』デジタル盤に収録。

 

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲 4
デヴィッド・ゲッタ × 安室奈美恵『What I Did For Love』

購入はこちら

 

日本の歌姫として知られる安室奈美恵とのコラボ楽曲は、2015年12月9日にリリースされたアルバム『Listen Again』に収録。

日本盤のみのボーナストラックとして収録されており、安室奈美恵のアルバム『_genic』のスペシャルトラックとしても含まれている。

 

デヴィッド・ゲッタのコラボ楽曲 5
デヴィッド・ゲッタ × ZARA LARSSON(ザラ・ラーソン)『This One’s For You』

 

UEFA Euro 2016のテーマ曲。

 

デヴィッド・ゲッタ2017の来日公演

 

2017年1月にデヴィッド・ゲッタの来日公演が行われた。

1月8日には千葉の幕張メッセで、1月9日には大阪城ホールで開催された。

 

今回の来日公演にはADMデュオのMAKO(マコ)も出演した。
MAKOとは、音楽の殿堂カーネギー・ホールの演奏者として数多くの出演経験を持つアレックスとダンス・ミュージック・シーンで活躍してきたローガンによる、新人ADMデュオである。

 

関連リンク

デヴィッド・ゲッタ 公式WEB

デヴィッド・ゲッタ Facebook

デヴィッド・ゲッタ Twitter

デヴィッド・ゲッタ Instagram

デヴィッド・ゲッタ SoundCloud

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

安室奈美恵とフィーチャーした『What I Did For Love』が、デヴィッド・ゲッタのアルバム『Listen Again』日本盤に収録

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

この1年、ワタシの気持ちに寄り添ってくれた音楽 2014年どこに行っても聴きまくった私的1枚

土岐麻子、tofubeats 、Ykiki Beatらの聴きまくった1枚

i bought編集部
音楽愛好クリエイターが いろんな理由で買った音源 16 MUSIC AFICIONADOS

MEG、Keishi Tanakaら16人の音楽愛好クリエイターが出会った音楽...

i bought編集部

Matt Cab初のベストアルバム『HIStory』のトラックリスト・リード曲の歌詞が同時公開!...

i bought編集部
くるり「もしもし」

大森靖子、古舘佑太郎、荒井岳史ら16人の90年代CDジャケットとレビュー...

i bought編集部
最近の気分にハマる、いろんなところで購入した楽曲たち 8人のクリエイターによる“Now Playing”率が高い5曲

タテタカコらクリエイターによる“Now Playing”率が高い5曲...

i bought編集部

この記事を書いたライター

さくらい*

「わかりやすくお伝えすること」がモットーのアーケードゲーマー。

こんな記事も書いてます