魔法少女だったエマ・ワトソンが恋人を救出するために奮闘する映画『コロニア』とは?

ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー役で知られる女優エマ・ワトソン。恋人を救うために奮闘する女性を演じた主演作『コロニア』と、主演が決定したディズニー映画『美女と野獣』の実写版についてもご紹介。

林原詠一朗

エマ・ワトソンのプロフィール

 

エマ・ワトソン(本名:エマ・シャーロット・デューレ・ワトソン)

1990年4月15日生まれ

フランス・パリで出生

イギリス国籍

女優

身長165cm

愛称はエム

 

ハリーポッターのハーマイオニー役でデビュー

11歳の頃、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のハーマイオニー・グレンジャー役でデビューを飾る。以後、シリーズ7作全部に出演。

 

ハーマイオニーは主人公ハリー・ポッターの親友で、ホグワーツ魔法魔術学校の女子生徒である。普通の両親の元に生まれた魔女で、魔法界のならわしには疎いながらも、生真面目に努力する秀才として描かれているキャラクター。仲間たちを学年1位の知識量と論理的思考で手助けする役回りである。

 

現実のエマ・ワトソンも聡明な秀才として知られている。アメリカ名門大学の代名詞といえるアイビーリーグの1校として名高いブラウン大学を成績優秀のうちに卒業している。

 

エマ・ワトソンの最新主演作『コロニア』

エマ・ワトソン主演の映画『コロニア』とは?

購入はこちら

 

 

映画『コロニア』は1973年に起こった実話をもとに、チリでのクーデターに巻き込まれていく若い男女を描いた脱出系スリラー映画。

日本では2016年9月17日から劇場公開されている。

エマ・ワトソンが演じるのは、40年間で脱出できたものは5人しかいないと言われる実在の拷問施設「尊厳のコロニー(コロニア・ディグニダ)」に、恋人を救出するために潜入する女性。

 

「尊厳のコロニー」とは1961年にドイツを追われた元ナチス軍曹パウル・シェーファーが、チリに設立したドイツ系移民コミュニティで、拷問、子供への性的虐待、兵器隠匿などが行われていた。

 

主人公の恋人役には「ラッシュ/プライドと友情」で伝説のF1ドライバーニキ・ラウダを演じた、ドイツの俳優ダニエル・ブリュール。

パウル・シェーファー役は大ヒットした小説『ミレニアム』の映像版で主人公のミカエルを演じた、スウェーデンで最も有名な俳優のひとりであるミカエル・ニクヴィストが演じる。

監督はフロリアン・ガレンベルガー。デビュー作『Shadow of Time』でバイエルン映画賞新人監督作品賞を受賞。さらに『ジョン・ラーベ』はドイツアカデミー賞で最高賞を含む4つの賞を受賞している。

 

エマ・ワトソンが語った『コロニア』

この『コロニア』はエマ・ワトソンが大学卒業後、初の映画出演作になる。

エマ・ワトソンが『コロニア』について、常に緊張の連続であり、ハイスピードで進む物語、そして女性が男性を救うという設定にも惹かれ、出演オファーを受け入れたという。

また、作品に使われたセットが、実際の拷問施設コロニア・ディグニダを忠実に再現していて、リサーチに費やした5年という歳月が、監督の物語に対する情熱と労力を表していると語る。

エマ・ワトソンの次回作はディズニー映画

『美女と野獣』のヒロインがエマ・ワトソンに決定

 

『美女と野獣』はフランス民話をもとに1991年に制作されたディズニーの長編アニメ映画である。その実写版の制作が発表された。ヒロインのベル役にエマ・ワトソンが決定。

アニメ映画で史上初となるアカデミー作品賞にもノミネートされた名作がエマ・ワトソンによってどのような実写映画『美女と野獣』として蘇るかが注目されている。

実写版『美女と野獣』のメイキング動画

 

実写版「美女と野獣」の台本を読み合わせるキャスト達。

映画の公開予定日はアメリカ公開が2017年3月17日、日本公開が2017年4月22日と予定されている。

 

関連リンク

映画『コロニア』公式WEB

Emma Watson Instagram

Emma Watson Facebook

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

映画『コロニア』:エマワトソン主演

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

この記事を書いたライター

林原詠一朗

こんな記事も書いてます