劇団廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』を千之ナイフが漫画化!

『少女椿』を舞台化した暗黒エンターテイメント劇団虚飾集団廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』を千之ナイフが漫画化。単行本として出版する資金100万円を募るプロジェクトを始動した。プロジェクトの紹介や廻天百眼についてご紹介。

i bought編集部

『冥婚ゲシュタルト』を千之ナイフが漫画化

『冥婚ゲシュタルト』×千之ナイフ

暗黒エンターテイメント劇団として多彩な活動を展開している虚飾集団廻天百眼(きょしょくしゅうだんかいてんひゃくめ)は、同劇団の人気の舞台作品『冥婚ゲシュタルト』をSF・ホラー漫画の第一人者である千之ナイフが漫画化を手がけて単行本として出版する資金100万円を広く募るプロジェクト「廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』を千之ナイフが漫画化!」をクラウドファンディングサイト「MotionGallery」において、8月4日より開始した。

 

廻天百眼とは

廻天百眼

虚飾集団廻天百眼(きょしょくしゅうだんかいてんひゃくめ)

所在地:東京都板橋区 主宰:石井飛鳥

丸尾末弘の『少女椿』の舞台化や、寺山修司の『奴婢訓』の上演、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバルへの出演など、現代アングラ劇の第一線で活躍している劇団。

主宰の石井飛鳥は脚本、演出を担当。

映画『東京残酷警察』のスピンオフシリーズなどにも監督として参加している。

看板女優は紅日毬子。

団鬼六の『花と蛇』の舞台版や齋藤工主演映画『虎影』などにも出演している。

 

虚飾集団 廻天百眼

 

虚飾集団廻天百眼

 

 

冥婚ゲシュタルトとは

冥婚ゲシュタルト

『冥婚ゲシュタルト』は暗黒エンターテイメント劇団廻天百眼の代表作。

意志を持ったラブドールとの結婚を題材に、それに反対する人々、利用する人々を通して、自由とは何か、人とは何かを描く、近未来サイエンスフィクション。

独特の世界観と過剰なまでの残酷描写で、熱狂的ファンが後を立たない廻天百眼の代表作。

 

千之ナイフとは

 

松本零士、牧 美也子のアシスタントとしてキャリアを磨き、1981年に『雪姫』でデビュー。

幻想、怪奇、人形愛、ロリータ、ゴシック、レズビアン、トランスジェンダー、禁断文学、ホラーなどのジャンルを得意とするSF・ホラー漫画の第一人者。
代表作に『死太郎くん』『EDEN』『死の美術館』『吉原遊女絵伝』 『SADE』『吸血令嬢』等がある。

 

プロジェクト「廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』を千之ナイフが漫画化!」

プロジェクト「廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』

 

廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』は、「人形」と呼ばれる、遺伝子工学で制作された人間そっくりの生き物が登場する近未来エログロロックオペラ。

「暗黒のエンターテイメント」と呼ばれ、また現代におけるアングラ劇の最高峰と言われる、残酷描写の限界を舞台で突き詰める廻天百眼の劇を、千之ナイフが漫画として新たな切り口で描写する。

プロジェクトへの支援は1口1,000円から可能で、支援金額に応じて作者・千之ナイフのサイン入り漫画化作品「冥婚ゲシュタルト」や清水真理制作の冥婚ゲシュタルト球体関節人形などのリターンを用意する。

 

プロジェクト「廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』

 

10月4日 サウンドトラック発売

10月26日 公演DVD発売

11月4日 円盤発売祭『未来のアーク』開催(FOXPILL CULT、NECRONOMIDOLが出演予定)

『冥婚ゲシュタルト』関連のプロジェクトの予定。

 

支援締め切り:11月2日(水) 午後11時59分

 

プロジェクト紹介ページ

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

プロジェクト「廻天百眼の舞台『冥婚ゲシュタルト』

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

映画『真田十勇士』舞台挨拶

映画『真田十勇士』公開!キャスト中村勘九郎など舞台挨拶コメント到着!...

i bought編集部
『真田十勇士』完成披露試写会舞台挨拶

映画・舞台同時期公開『真田十勇士』中村勘九郎、松坂桃李らのコメント公開...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます