スタイリスト森田晃嘉の愛用カメラ4選

スタイリスト森田晃嘉が「留学中いつも持ち歩いていた」「仕事で多用する」愛用カメラを紹介。RICOH WG-20、RICOH R1S、CANON G12、FUJIFILM INSTAX 210を撮影作品とともに紹介。

i bought編集部

森田晃嘉

スタイリスト森田晃嘉

「学生の頃から北海道や沖縄へのツーリングにも、それからイギリス留学にも必ずカメラを携行してきました。さらに今では海やキャンプといったアウトドアシーンでも撮影できるよう、防水性のあるタフなモデル"RICOH WG-20"も持っています。でも、技術や知識はあまりないんです(笑)。ただ純粋に写真を撮ることが好きで、思い出を残したくてカメラをツールにしているという感覚。技巧的な写真より、雰囲気のいい写真を撮りたいなって常に思っています」。

 

スタイリスト森田晃嘉の愛用カメラ

01RICOH WG-20 

0m防水、耐衝撃1.5mでメカニカルなデザインながら、コンパクトさがウリ。画像を直接スマートフォンに飛ばすため、メモリは“FlashAir”をセレクト。

 

02CANON G12 

一番愛用しているプロフェッショナル志向のミラーレス。液晶部が回転するので、自分撮りも可能。

 

03RICOH R1S 

留学中いつも持ち歩いていた、思い入れのある銀塩。「デジタルのようにその場で確認できませんが、その分、現像する楽しみがあります」。

 

04FUJIFILM  INSTAX 210

仕事で多用するポラロイド。衣装箱に写真を貼り、中のアイテムを確認するのに使っている

 

ロンドンの公園を散歩している時、あまりのかわいさに“R1S”のシャッターを切りました。 Photo by.森田晃嘉

「ロンドンの公園を散歩している時、あまりのかわいさに“R1S”のシャッターを切りました。子どもの何気ない表情って狙って撮れるものではないので、僕の中の決定的瞬間です」

 

渡英した際、最初に撮った1枚  Photo by.森田晃嘉

渡英した際、最初に撮った1枚。英・ボーンマスのビーチにてサーファーをパシャリ。

「英語で話しかけることができるきっかけになったカットです」。

こちらもフィルムカメラを使用。

 

森田晃嘉(スタイリスト) 

1979年生まれ、岐阜県出身。 宇佐美陽平氏に師事し、2010年よりフリーランスへ。 メンズファッション誌をはじめ、ブランドカタログや アーティストのスタイリングまで幅広く活躍

 

※2014年06月発行『i bought VOL.06』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 森田 晃嘉 -

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 石川 俊介 -

marka(マーカ)デザイナー石川俊介の愛用カメラ4選

i bought編集部
クリエイターの目にファインダー越しに映るもの フォトメンたちの愛用機 - 松任谷 正隆 -

松任谷正隆の愛用一眼レフカメラ5選

i bought編集部
GoPro_Remo操作イメージ

GoProのHERO5向けの新アイテムRemoが登場

i bought編集部
OLYMPUS PEN-F

カメラ専門店による「2016年に気になった新製品カメラ」20選...

i bought編集部
Instagram(インスタグラム)#私と私の物語

インスタグラム最高執行責任者、来日イベント「#私と私の物語」が開催...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます