ピース又吉直樹、葉月あやらが毎号買ってる雑誌

ピース又吉直樹、葉月あや達が毎号買う雑誌を紹介。
ここに登場するクリエイターたちは皆、いまも雑誌から刺激を受け続けている。雑誌はやはりクリエイションの源だ。

i bought編集部

藤本やすし

 

 

藤本やすし氏

「雑誌の世界が狭くなり、閉じていっているように感じます。

仕事を頼まれても食指が動く雑誌は稀です。

昔のように野心的な雑誌が少なくなりました。

とはいえ、日本の雑誌デザインがいま世界で一番面白いのは確かです。

世界中の雑誌が日本のマネをしているようにも感じます。

毎号購読しているのは、たまたま全部マガジンハウスから出ている雑誌。

自分が仕事をしているからというわけではありません(笑)。

やはりコンテンツもデザインも新鮮味があり、挑戦している感じが伝わる。

そういうクリエイティブを刺激してくれる雑誌にはつい手が伸びます」。

 

雑誌を読む藤本やすし氏

 

magazine_ & Premium

magazine  & Premium

「ターゲットを絞らないユニバーサルな雑誌です。

表紙をはじめ、レイアウトにも新しさを感じる。

上質なセンスを本気で追求している姿勢にも好感が持てます。

近年稀な創造力と野心にあふれた雑誌ですね」

 

magazine_ ku:nel

magazine  ku:nel

「新ジャンルを開拓した雑誌といえるでしょう。

写真を大きく大胆に使うことで、背景となる日々の暮らしに物語を感じさせてくれます。

ビジュアル誌はガイドかカタログ化するのが宿命ですが、この雑誌はそこに陥っていない」

 

magazine_ POPEYE

magazine  POPEYE

 

「リニューアルしてから毎号買うようになりました。

ユースカルチャーに関してこれを読めば大抵のことはわかります。

スタイリストの力もすごい。

いい雑誌の証拠である“ページをめくる手のもどかしさ”を感じられます」

 

藤本やすし(アートディレクター)

 

1983年にCAPを設立し、「VOGUE JAPAN」「BRUTUS」「Casa BRUTUS」などの雑誌やファッション広告のディレクション、デザインを手掛けるほか、原宿でギャラリー「ROCKET」を主宰

 

 

梶雄太

 

magazine_ Number

magazine  Number

「昔からスポーツが大好きで、小学生の頃、『サッカーダイジェスト』のポスターを集めていたのを覚えています。

ずっと愛読しているのは、スポーツ誌の『Number』。

中でも高校野球の記事が面白いですね。

移動中にページを開くことが多いです。

雑誌はぼくにとって“好きの集まり”ともいうべき存在です」。

 

梶 雄太氏

梶雄太 (スタイリスト)

1998年から活動しているスタイリスト。ファッション誌、テレビ、広告、雑誌など、幅広いフィールドで活躍。オリジナリティーの高いスタイリングは多くの支持を集めている

 

又吉直樹

 

magazine_ 文學界

magazine  文學界

「『文學界』、『新潮』、『すばる』などの文芸誌をよく読みます。

好きな作家の特集が組まれていたりすると買うようにしています。

ファッション誌もよく読んでいます。

最近、以前よりファッション自体への興味が薄れてきたように感じるので、誌面に並んだ服を見て物欲を刺激して、自分を奮い立たせています」。

 

又吉直樹氏

又吉直樹 (芸人)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。相方の綾部祐二とお笑いコンビ「ピース」を結成し、活躍。芸人界きっての読書家としても知られる。3月31日に著書「火花」(文藝春秋)を発売予定

 

 

 

葉月あや

 

magazine_ オレンジページ

magazine  オレンジページ

「お風呂に入る時はいつも雑誌を読んでいます。

母も愛読している『オレンジページ』、一人暮らしをはじめた6年前からずっと定期購読しています。私の人生から切り離せない雑誌であり、私の料理の先生。

食材ごとのレシピ特集はとても役に立ちます。人気のメニューや企画をまとめた別冊も楽しみのひとつです」。

 

葉月あや氏

葉月あや (グラビアアイドル)

1991年生まれ、愛知県出身。2014年に日テレジェニック候補生を経て、同年、人気投票1位で「日テレジェニック2014」グランプリを受賞。料理や音楽が趣味

 

 

 

沖嶋信

 

magazine_ ALA CHAMP MAGAZINE

magazine  ALA CHAMP MAGAZINE

「3年ほど前からよく読んでいるのがこの雑誌。

メルボルン、ロンドン、東京を拠点に活動する双子の姉妹が手掛けており、年に2回発行されています。

アートや旅、海外のクリエイターの情報などが充実しています。

雑誌に対して特別な魅力というものは感じませんが、そう思わせる気軽さが良いのでしょう」。

 

沖嶋 信氏

沖嶋信(ブランドディレクター/ フォトグラファー)

「STUSSY」をはじめ、国内外のファッションブランドのブランディングやコンサルティングを手掛ける。フォトグラファーとして、写真集「VOICE OFF STAGE」、「DANCE」を刊行している

 

 

 

近藤麻由

 

magazine_ material girl magazine

magazine  material girl magazine

「子どもの頃は母が買ってくる『an an』に夢中になっていました。

大学卒業後は愛読していた『high fashion』で働くなど、雑誌には大きな影響を受けました。

いまのお気に入りは、『material girl magazine』。

悪趣味ギリギリの毒っぽさがクセになります。

独特の世界観を貫く姿勢が潔くて好感を持てます」。

 

近藤麻由氏

近藤麻由(アートディレクター/ DJ PUNKADELIX)

アートディレクターとして、ブランドやCDジャケットなどのビジュアルを手掛ける。「PUNKADELIX」名義でのDJとしての活動や「RUBYPAPER」誌の発行でも知られる

 

 

 

菅原敏

 

magazine_ In The City

magazine  In The City

「短編の執筆依頼があったのを機に読み始めました。

エイドリアン・トミネ氏による表紙の雰囲気もいい。

スニーカーやラジオなど毎号のテーマに沿った書き下ろしや、中原昌也、片岡義男などコアなメンバーの連載も読みごたえ十分。

今度一緒に展覧会をやる大谷有紀さんの『VACANCES』も愛読しています」。

「ファッション業界にいるため、雑誌からは日々、スタイリングソースやインスピレーションをもらいます。

『THE NEW ORDER MAGAZINE』もそんな雑誌のひとつ。

話題のファッション、カルチャーの情報が独自の視点で描かれています。

写真家のケネス・カペロによるカバーも毎号楽しみにしています」。

 

菅原 敏氏

菅原敏 (詩人)

アメリカの出版社PRE/POSTより逆輸入デビュー。異業種とのコラボからナレーションまで、多彩に活躍。4月7〜19日までユトレヒトで大谷有紀との展覧会「嘘ついて星ふえる」を開催

 

 

 


コッセこういち

 

magazine_ レディブティック

magazine  レディブティック

「洋裁が好きなので、昔から購読しています。

型紙が載っているのもうれしい。

お気に入りは読者参加企画の“私の手作り自慢”。

いろいろな作品が見られて面白い。

雑誌を読むのは、カフェや遠出する電車の中です。

ネットなど情報源が多い中、自分の好きなものが詰まった雑誌を読むと、リラックスできます」。

 

コッセこういち氏

コッセこういち (俳優)

1980年生まれ、神奈川県出身。マネジメントオフィス、DOMO所属。俳優として舞台公演で活動するほか、数多くの映画やテレビドラマに出演。洋服のリメイクなど、裁縫を趣味としている

 

 

 

※2015年03月発行『i bought VOL.09』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

いまだからこそページをめくりたい 毎号買ってる雑誌って何ですか? PART.02

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

自分史が詰まったMy本棚に 仲間入りした名作 愛用本棚と、 最近良かった3冊

スタイリスト伊賀大介、フォトグラファー藤代冥砂ら4人の愛用本棚と愛読書...

i bought編集部
井岡千浩が買った本

SON OF THE CHEESE(サノバチーズ)山本海人らの部屋着と愛読書...

i bought編集部
クリエイターたちのブックライフ 行きつけの本屋とお気に入りの本たち PART01

クリエイター行きつけの本屋5選と愛読書22選

i bought編集部
映画『3月のライオン』描き下ろしイラスト

映画『3月のライオン』前売券の特典、羽海野チカ描き下ろしイラスト解禁...

i bought編集部

おすすめの泣ける小説10選!重松清、横山秀夫『出口のない海』など...

さくらい*

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます