三谷幸喜作品の傑作7選をご紹介

脚本家や映画監督として知られる三谷幸喜。彼の作品は心温まるコメディ作品が多く、映画・ドラマ問わず多くのファンに愛されている。2016年の大河ドラマ『真田丸』も担当し話題となった三谷幸喜作品の中から、オススメしたい傑作7作品をご紹介。

yoshida

三谷幸喜 プロフィール

購入はこちら

 

三谷幸喜(みたにこうき)

 

1961年7月8日生まれ

東京都世田谷区出身

日本大学藝術学部演劇学科卒業

血液型A型

 

映画監督、劇作家、脚本家、演出家、俳優など、マルチな方面で活躍する。

シス・カンパニー所属。

「幸喜」という名前は、大相撲力士の大鵬幸喜にあやかったもの。

1980年代に脚本家としてデビューして以来、数々の作品を手掛ける。

 

三谷幸喜のおすすめ傑作作品

数ある三谷幸喜作品の中でも、映画、ドラマなど特におすすめのユニークな7作品をご紹介。

 

三谷幸喜作品の傑作:やっぱり猫が好き

購入はこちら

 

1988年~1991年まで、フジテレビ系列で放送されたコメディドラマ。

もたいまさこ、室井滋、小林聡美が演じる三姉妹のコミカルなやり取りが見どころだ。

深夜枠にも拘らず高視聴率を得て、人気番組となった。

マンションの一室に住む恩田家の三姉妹と飼い猫が繰り広げる騒動を描いた、コメディ作品。

この作品はすべて三谷幸喜が脚本を手掛けている訳ではないが、三谷幸喜が手掛ける話は特に人気があり、第1シーズン後半ではほぼすべての話を担当している。

ドラマではあるものの、撮影中に起こったハプニングや失敗をそのまま放送すると言う、バラエティ番組のような破天荒さも人気が出た理由の一つと言える。

 

三谷幸喜作品の傑作:王様のレストラン

購入はこちら

 

1995年に放送されたテレビドラマ。

主演は松本幸四郎。

倒れかけたフレンチレストランでなんとなく働く従業員たちの元に、ある日頑固でプライドが高く、しかし強い情熱を持つギャルソンが現れる。

それをきっかけに、情熱を持たずにいた若者たちが倒れかけのレストランを再建させようと奮闘するストーリー。

人情味あふれる人間ドラマや、時に痛快なシニカルさが見どころの作品。

 

三谷幸喜作品の傑作:ラヂオの時間

購入はこちら

 

元々は1993年に上演された劇団東京サンシャインボーイズの演劇だが、1997年に三谷幸喜の初監督作品として映画化された。

脚本・演出を担当している。

映画版では唐沢寿明、鈴木京香など実力派俳優が出演している。

平凡な主婦が手掛けたラジオドラマの脚本が、主演女優のワガママで生放送中に脚本内容が書き変えられてしまうと言うドタバタを描いたストーリー。

普通のメロドラマだった内容が次々と変更され、最後には大スペクタクル映画のように変わってしまうストーリーの面白さや、テンポの良い展開で様々な賞を受賞した作品だ。

 

三谷幸喜作品の傑作:みんなのいえ

購入はこちら

 

2001年に公開された映画。監督・脚本を担当している。

三谷幸喜作品の常連である唐沢寿明のほか、お笑いコンビココリコの田中直樹、田中邦衛などの豪華キャストが出演。

新居を立てる事になった主人公は、設計を妻の同窓である建築デザイナーに、施工を大工の棟梁である父に頼む事にする。

ところがモダニズム建築志向であるデザイナーと日本の在来工法でしか家を建てられないと言い張る大工は、建築を巡って衝突してしまう。

一軒の家を建てる為に対立する人々を描いた、ドタバタ喜劇だ。

 

笑の大学

購入はこちら

 

原作・脚本を手がけた演劇作品。

ラジオドラマ版・舞台版・映画版の3バージョンが存在する。

舞台は昭和15年。

戦争への道を歩み始めた日本では、多くの娯楽が規制されていた。

演劇の台本も警察の検閲がなければ上演できない為、劇団・笑の大学の座付作家は検閲官の元に台本を持ち込む。

低俗なお笑いをとことん嫌う検閲官と、なにがなんでも「笑い」を追求しようとする座付作家の掛け合いをユーモラスに描いている。

映画版では検閲官役を役所広司、座付作家役を稲垣吾郎が演じた。

 

三谷幸喜作品の傑作:THE有頂天ホテル

購入はこちら

 

2006年に公開された映画。

公開から8日で100万人を動員し、2006年の邦画第3位の好成績を収めたヒット作品だ。

過去三谷幸喜作品に出演した役所広司をはじめ、松たか子、香取慎吾など豪華キャストが出演してる。

舞台はとあるホテル。

大晦日の夜10時から年明けまでの2時間に起こった様々な事件や人間模様をコメディタッチで描いた、グランド・ホテル形式の作品だ。

随所にちりばめられたクスッと笑えるギャグや、心温まるストーリーでほっこりと楽しめるはず。

 

三谷幸喜作品の傑作:ザ・マジックアワー

購入はこちら

 

2008年に公開された映画。

誰にでもある、人生で最も輝く瞬間を描いた作品だ。

とある港町を舞台に、嘘と勘違いによって繰り広げられる人間模様を描いている。

佐藤浩市、 妻夫木聡、深津絵里、 綾瀬はるかなどが出演のほか、意外なキャストがほんの数秒~数分しか出ない程のチョイ役で出演している贅沢な作品。

三谷幸喜作品によくある「沢山の人間が絡むドタバタ喜劇」が色濃く描かれている作品で、登場人物が嘘をついたり騙されたりしながら進んでいくドタバタストーリーは、思わず笑ってしまうはず。

 

関連リンク

三谷幸喜 Instagram

三谷幸喜 Twitter

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

三谷幸喜 創作を語る

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

レンタルではなく、購入して持っておきたい作品への思い 最近買った2本のDVDに寄せる。 Vol.10 achico

achico(アチコ)がお気に入りの映画『wallflower』について語る...

i bought編集部
レンタルではなく、購入して持っておきたい作品への思い 最近買った1本のDVDに寄せる。 Vol.09 5lack

映画『DOWNTOWN 81』をラッパー5lackが綴る

i bought編集部
映画『パワーレンジャー』新場面写真

日米ハイブリッド超大作映画『パワーレンジャー』特報映像と新場面写真解禁...

i bought編集部
映画『3月のライオン』描き下ろしイラスト

映画『3月のライオン』前売券の特典、羽海野チカ描き下ろしイラスト解禁...

i bought編集部
東京グール:窪田正孝が演じる主人公・金木研

映画『東京喰種(グール)』窪田正孝の金木研キャラ画像を初解禁...

i bought編集部

この記事を書いたライター

yoshida

こんな記事も書いてます