WHIZ LIMITED下野とSEVENTY FOUR清水の愛用自転車

HUTCH TRICK STAR '85を愛用するWHIZ LIMITEDデザイナー下野宏明とYAMAHA SR400を愛用するSEVENTY FOURデザイナー清水康次にインタビュー。
車やバイク、自転車など多くの選択肢がある中で、なぜ自転車をライフスタイルの相棒ギアとして選んだのか伺った。

i bought編集部

WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)デザイナー下野宏明

 HUTCH TRICK STAR ’85

下野宏明(WHIZ LIMITEDデザイナー)

購入時期    2012年夏
購入場所    W-BASE BICYCLE GARAGE(ダブルベース バイシクルガレージ)
購入価格    25万円

「この自転車は社用車として昨年購入しました。個人ではピストなどを持っているけど、それはすべて自分のサイズでセッティングされているので、他人では乗りこなせない。だから比較的サイズを気にしないBMXっぽいモノを探していて、タイミング良く見つけたのがこのブルックリンの24インチフレーム。あとはイメージを伝えて、W-BASEで組んでもらいました。僕は最初のイメージを大切にしているから自分でヘタにカスタムはしないんですよね。自転車の面白さはバイクの疾走感とは対極で、目線がスロー。ゆっくりと街をクルーズできるから、事務所周辺を移動するにはちょうどいいですよね。気軽にいろいろ立ち寄ったりできることも魅力だと思います」

条件は“乗る人を選ばない”豪華な社用車24インチBMX

ダークグリーンのフレームが珍しいB.M.Wのフレームをベースにした24インチBMX。ステムもB.M.Wで、クランクはプロファイル。パーツも一流メーカーをアッセンブル。

「フレームはブランドイメージで選んだけど、その他はこだわってませんよ、社用車なので」。

あくまでも足として考えた1台は豪華としか言いようがない

HUTCH TRICK STAR ’85 FRONT.

HUTCH TRICK STAR ’85 FRONT.

 

HUTCH TRICK STAR ’85 BACK.

HUTCH TRICK STAR ’85 BACK.

 

HUTCH TRICK STAR ’85 SIDE.

 

 

HUTCH TRICK STAR ’85 SIDE.

 

 

 

 

下野宏明(WHIZ LIMITEDデザイナー)

日本を代表するストリートブランド・デザイナー。主宰するWHIZ LIMITEDは、東コレのランウェイショーに参加し、今やファッションシーン全般から注目を浴びている。その他、A.W.Aも手掛ける。

http://www.whiz.jp

 

 

 

SEVENTY FOUR(セブンティーフォー) デザイナー清水康次 

YAMAHA SR400

清水康次(SEVENTY FOUR デザイナー)

購入時期    2012年春
購入場所    ────
購入価格    ────

「LAにいる時からダートレーサーに乗っていたので、もともとハッチが好きだったんですよね。このフリースタイルBMXを購入したきっかけは、W-BASEのMOTO君の影響が大きくて。MOTO君と相談しながら、コツコツ集めたパーツで昨年やっと組み上げました。このハッチの魅力は僕のブランドと一緒で、色や形にメイドインUSAが感じられる。それに尽きると思います。子どもの頃の感覚で身体を動かしたいっていう衝動に駆られるんですよ。だから、W-BASEのスクールに顔を出したり、駒沢のBMXクルーと一緒にライディングを楽しんだりしています。今では、僕にとっての最高の遊び。
遅れてやってきた、ひとつのバイブルのようなものだと思っています」

子どもの頃の感覚を引き戻す遊びに没頭するためのバイブル

フリースタイルBMXといえば、BMX界に革命を起こした現代トリックバイクの祖。名作、HUTCH TRICK STARだけに人気が高く、これだけコンディション良好なモノはかなり希少。
「フレームはもちろん、パーツも当時モノしか取り入れていません。’80sの背景をそのまま映し出したかのようなオールドスクール感が、たまらないですね」

YAMAHA SR400 FRONT.

YAMAHA SR400 FRONT.

 

YAMAHA SR400 BACK.

YAMAHA SR400 BACK.

 

YAMAHA SR400 SIDE.

YAMAHA SR400 SIDE.

 

  

清水康次(SEVENTY FOUR デザイナー)

 

’93年、LAに渡米。メンズクローズのバイヤーや数名でのTenderloin設立を経て、フリーデザイナーとして独立。2004年、“カリフォルニアスタイル”をコンセプトとしたSEVENTY FOURを立ち上げる。

http://www.seventy-four.com

 

 

※2013年6月発行『i bought VOL.02』に掲載された記事です。

※価格・販売状況は掲載当時のものになります。

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

ボクたちが乗り物を選ぶ理由。 MY FAVORITE VEHICLE&ACCESSORY Part03

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

DOPPELGANGER「202 blackmax」

ドッペルギャンガーの人気折りたたみ自転車「202 blackmax」がリニューアル...

i bought編集部
ドッペルギャンガー402S sanctum

ドッペルギャンガーの小柄な方も快適に乗れる650Cクロスバイク...

i bought編集部
自転車用LEDライト

スポーツバイク初心者におすすめ!自転車用LEDライト発売...

i bought編集部
クリエイターたちの意外な趣味と、その愛用品 My Hobby&My Gear -TRIATHLON-

BAYCREW’S 野田晋作のトライアスロンでの楽しみとその愛用品...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます