ドッペルギャンガーの人気折りたたみ自転車「202 blackmax」がリニューアル

自転車ブランドDOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)が、ベストセラーである20インチ折りたたみ自転車202 blackmaxをリニューアル発売する。ブラック×オレンジカラーに加え、店舗限定カラーの202 blackmaxについてもご紹介する。

i bought編集部

DOPPELGANGER®ベストセラーの20インチ折りたたみ自転車

DOPPELGANGER「202 blackmax」

ビーズ株式会社が、2016年9月27日に、自転車ブランド「DOPPELGANGER®(ドッペルギャンガー)」より、10年来のベストセラーである20インチ折りたたみ自転車「202 blackmax(ブラックマックス)」をリニューアル発売する。 

 

DOPPELGANGER®史上最も販売台数の多い「202 blackmax」。

発売当時の市場ではまだ珍しかった、ハンドルステムやスポーク、ニップルなどの細部パーツにまで徹底したカラーリング、カスタム感を出したデザインなどが功を奏し、長く人気がある。

「202 blackmax」のデザインを見直し、色の配置を熟考し、色による機能の明示をおこなった。

車体に配した3本のワイヤーのうち、両ブレーキはブラックを、変速機は差し色のオレンジをそれぞれ採用。

またスポークにおいても、従来通りコンセプトに沿ってブラックにカラーリングする一方で、バルブ(空気注入口)を挟む2本はオレンジに塗り分けている。

これらのワイヤーやスポークにおいて、色で機能を区分するデザインを施すことにより、メンテナンス時の視認性向上をはかった。

側面から見た場合にできるだけ黒の印象を多く与えるべく、バックフォーク全面に配したグラフィックを、バックフォーク上面に移動。

乗る人のみがディテールを知る仕掛けとなっている。

 

DOPPELGANGER®のアイコンである、2本のパイプとその間の肉抜きされたプレートが印象的な「パラレルツインフレーム」はそのまま保持。

この形状は、見た目の独自性に加え、メインフレームの軽量化への貢献や車体を持ち上げる際にグリップとして機能する利便性を備えている。

アルミフレームで軽量なため、小柄な方や女性でも運搬しやすいのも特徴。

別売りの収納用バッグなどを利用すれば、室内保管や車載も快適におこなえる。
期間・店舗限定で4色のバリエーションモデルも発売。

 

DOPPELGANGER「202 blackmax」

 

▼ドッペルギャンガーの自転車について更に詳しい記事はこちら。

ドッペルギャンガーの小柄な方も快適に乗れる650Cクロスバイク

 

DOPPELGANGER®
202 blackmax(ブラックマックス)

 

DOPPELGANGER「202 blackmax」

 

重量:12.1kg(※ペダル、保安部品を取り外した状態)

カラー:ブラック×オレンジ

材質:フレーム アルミニウム、フロントフォーク スチール

サイズ:全長 1480mm、サドル高 670-895mm、ハンドル高 1000mm、 折りたたみサイズ 800×640×360mm(ペダル含まず)

オープン価格(税別参考価格:30,000円)

その他仕様:変速機 シマノ7段、シフトレバーシマノラピッドファイヤー、ブレーキ 前後Vブレーキ、バルブ形式 英式(ウッズバルブ)

 

DOPPELGANGER「202 blackmax」

 

 
202 blackmax

DOPPELGANGER「202 blackmax限定カラー

期間・店舗限定で4色のバリエーションモデルも発売中。

 

 

 

 

SNSでシェアしよう

0 0 0 0

この記事に関するタグ

DOPPELGANGER「202 blackmax」

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう!

関連記事

ドッペルギャンガー402S sanctum

ドッペルギャンガーの小柄な方も快適に乗れる650Cクロスバイク...

i bought編集部
ボクたちが乗り物を選ぶ理由。 MY FAVORITE VEHICLE&ACCESSORY Part03

WHIZ LIMITED下野とSEVENTY FOUR清水の愛用自転車

i bought編集部
自転車用LEDライト

スポーツバイク初心者におすすめ!自転車用LEDライト発売...

i bought編集部
クリエイターたちの意外な趣味と、その愛用品 My Hobby&My Gear -TRIATHLON-

BAYCREW’S 野田晋作のトライアスロンでの楽しみとその愛用品...

i bought編集部

この記事を書いたライター

i bought編集部

i bought編集部です。

こんな記事も書いてます